暮らしと健康

あなぜんじょう

四国の別格3番霊場、慈眼寺の穴禅定を体験してきました。

穴禅定とは、むかし弘法大師が大蛇を封じ込めたと云う伝説の洞窟で、

人がやっと通れる狭い隙間を、先達さんの案内で奥へ奥へと進み、

最奥に弘法大師をお祀りしている場所まで行って祈願すると云う

一種の修行であります。

 

カメラは落としたら拾えないからと言われたので、写真はお借りしました。👇

 

受付で渡される白装束を着て洞窟の入口に立った時、一緒に行った友人が

「私閉所恐怖症やった…」って、え~~嘘でしょ!!

でも何とか這いつくばったり両手を上げたりしながら蝋燭1本の灯りを頼りに

やり切りました。

洞窟の中では真剣そのものでしたが、終わって外に出るとホッとしたのか楽しくなって

”生まれ変わったみたい~”と言いながら、また来たいね♪と満足気味でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です