日: 2024年5月30日

感覚のちがい C-3 暮らしを楽しむ

感覚のちがい

子供を散髪に連れていった時の話。 先に、低学年ぐらいのお子さんと若いお母さんの親子が待っていました。   その子はゲーム機器で遊びながら待っていたのですが、順番がきて着席しました。 お母さんが近づいてきてゲーム機器に手を伸ばしたので、 当然、片付けるものだと思っていました。 「さすがにゲー…