×プロダクトアウト、×マーケットイン、○マーケットアウト。

5月26日 晴れ

 

インプット×アウトプット

昨日まで空を覆っていた雨雲が消え去り、今日は夏を思わせるような真っ青な空が広がりました。
今日と明日は京都。昼からは楽しみにしていたXデザインフォーラムのワークショップと講演会で盛大にインプットして、明日は半年に一度開催されている長岡京での職人起業塾@女子会でワークショップのファシリテーターを務めます。インプットとアウトプットのバランスが取れた週末となり、どちらも非常に楽しみです。アウトプットこそが学び、だと思っていますので、ガッツリと学ばせて頂きたいと思います。(笑)

 

 

兵庫県産木材のブランド化への取り組み

昨日の夕方からは日置建設さんが運営されているアンテナショップ、明石のwakutasu+にて私たちひょうご木の匠の会と兵庫県の職員さんと、宍粟の県産木材利用活性化のグループ3社にて意見交換の会議、途中で場所を居酒屋に移して長時間にわたり熱い議論をたたかわせました。

意見交換会の趣旨は、新たに開発を進めている木材の強度測定のシステムを広く使うことで地元産の木材の品質を明らかにしてブランド化を図りたい、また、需要の受け皿として工務店団体との連携を探りたい。とのことでした。私としては木造住宅でも許容応力度計算をして計画をすることも少なくなく、強度数値が曖昧だとされる無垢材のヤング係数がリアルに明らかになるのは大歓迎で手放しで満点評価、是非とも進めて頂きたい、とお願いしました。そもそも同じ理念、同じ方向性を持った団体同士、手を取り合って協力、提携するのになんの問題もないと即答しておきました。(笑)

 

 

禁断のダメ出し。(笑)

居酒屋での議論はずいぶん盛り上がり、山の問題、素材師の問題、工務店の問題それぞれの問題解決に必要なのは何か、木材の品質の測定、選別といったメインテーマと共に全員がそれぞれの立場から熱く語り合いました。が、途中で私がふと感じたことを口にしてしまい、一瞬、場が凍りついてしまいました。(笑)
それは、「こんな議論いくらしたって不毛や」と、絶対に言ってはならない超ネガティブ発言で、今までの議論を全て水に返してしまうとんでもない一言。自分でも言っちゃいけんと分かっておりましたが、つい(正直なので)口をついてしまいました。(笑)

 

 

ユーザー目線の無いプロダクトアウト

一生懸命に地元の木のブランド価値を高めるための取り組みをして、広げようと議論している場でなぜ私がそんなことを言ってしまったかというと、全くもって顧客目線が無かったからです。全てのコストは消費者が負担している大原則を無視するかのような木の性能や品質、流通の話を延々としたところで需要が広がる訳ではなく、なぜそれを行うべきなのかを顧客目線に立って価値を考え、説明出来なければ、全体的な需要を喚起することはできません。全くのプロダクトアウト的な思考ではこれまでと大きく変わらない結果しか出ないことは誰しもが薄々感じていたところだったのです。

 

 

マーケットインするマーケットが無い!

では、顧客目線を持ってマーケットイン的思考で商品を考えなければならないのか、と話の流れになりましたが、残念ながらそれでもだめです。と一刀両断にしてしまいました。(笑)
私は元大工で、現場でバリバリと働いていた頃、兵庫県産の杉材なんか、使えたものじゃないとボロクソに言っていた一人です。品質だけを見ればもっといい素材はいくらでもある訳で、何もふわふわに柔らかい杉なんか使う必要がないという事ですが、その当時から比べると木材乾燥機の整備なども行われ品質もマシになったこともあり、現在はすみれで建てる全ての木造新築住宅では兵庫県産木材を構造に使っています。何よりも、地域に住まう一員として、地域の森林が廃れ、荒れていく現状を見て品質だけではなく地域を守らなければイケんとの想いの方が強いのが正直なところです。実際にすみれと一緒に家を建てようと言ってくださる顧客には、地域のためにも地元の木材を使います。と説明をしていますが、実は顧客にとってはどーでもいい話なのが実際で、ありがたいことに皆様理解をしてくださいますが、私たちのゴリ押しに近い部分があることは否めません。要はマーケットなどないのです。

 

 

ひょうご木づかい王国学校の役割

じゃあどうすんねん、となりますが、その答えは明白で、顧客視線の無いプロダクトアウトは意味がなく、顧客調査をすべきマーケットさえも無いから需要が生まれ無いのなら新たなマーケットを作るしかありません。マーケティング的に言うと、(あまり使われませんが、)マーケットアウトと言う概念になります。新たなマーケットを作るってそんな簡単にできるものではありませんが、地元の木材を使い、地域の一員として環境保護、地場産業の活性化に興味を持つ人を増やすしかなくて、当面は地財地消の意味と意義を伝える地道な草の根運動的な啓蒙活動を継続するしか無いと思っており、その一環として神戸ハーバーランドのひょうご木づかい王国学校で50社ものメンバーが集まって様々な取り組みをしているのです、とお答えしておきました。

 

 

マーケットアウトはUXから。

そして、ここでやっぱり重要なのはユーザー体験だと思うのです。インタビューやアンケートなどの信憑性に疑問が残る薄っぺらい情報ではなく、ユーザー体験からニーズを抽出してサービス、商品のデザインを考える思考が重要だと思うのです。

そんなこんなで、UX KANSAI、HCD-Net 関西支部が共催している本日参加するXデザインフォーラム、とても楽しみです。ひょっとしたら、県産木材の需要を生み出すマーケットアウトへのヒントを得られるかも知れません。(笑)
素人ですが、がっつり、学ばせて頂きます!

 

_________________________________________

■6月21日大阪ブルータスにてオープンセミナーに登壇します!

建築業界初となるクラウドファンディングを利用して受注施設運営の資金確保を成功を記念してクラウドファンディングの裏話、気をつけるべきところ、具体的な活用方法をインバウンドマーケティングの理論と合わせて話します。SNS、クラウドファンディングを活用して事業の成長を考えている事業者は必見!!
お申し込みはこちら→クラウドファンディングとインバウンドマーケティング」

起業塾.

 

■お待たせしました!福岡にて職人起業塾開講します!

それに先立ちまして6.12@福岡オープンセミナー開催します!
「現場のマネジメント意識が業界を変える!」
現場実務者の戦力化で利益を生み、工務店の未来を切り開く~ 

9月からの【第7期】福岡での職人起業塾初開講を前に経営者、経営幹部向けに総論を紐解くセミナーを開催します。また、現場実務者戦力化のための研修費全額を賄う補助金活用の申請資格等の実務も合わせてご説明します。
企業は人なり、理念の実践こそが未来を切り開くとお考えの経営者様は是非ご参加ください。

平成29年6月12日(月) 14時~17時
LIXIL福岡ショールーム 1階会議室
参加費3000円 定員36名、先着順
https://www.facebook.com/events/1092887280813358/

 

■職人起業塾【全15回 厚生労働大臣認定コース】

東京開催締め切りました。9月からの福岡開催の受講受付開始しています!
第7期生【九州地区:福岡会場  9月1日~2月22日 申込〆期6月30日まで】
問い合わせ:https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/お問い合わせ
fbページ:https://www.facebook.com/shokuninkigyoujyuku/
ホームページ:https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

同時多発オファーの優位性と看板戦略。

5月25日曇り

 

裏通りの小さな名店

5月ももうすぐ終わり、今月は出張や団体の総会、理事会がてんこ盛りで随分と忙しい毎日となりましたが、それに輪をかけて6月のスケジュールはパンパン。昨日のひょうご木づかい王国学校の理事会で今後の研修会や会議の予定を入れると大まか全部カレンダーが埋まってしまいました。。大丈夫かしら、、

話は変わって、先日打ち合わせがてら神戸駅の近くの中華料理屋さんで食事をしました。神戸地方裁判所前の通りにある小さな中華料理店で普段なら絶対に歩く事がないような道路沿いにあり、神戸駅から歩いて10分近くかかり、決してロケーションが良い店とは言えません。

この店に行くのは2回目で、以前はランチに坦々麺を食しに伺いました。わざわざそこに行ったのは、知り合いから「あそこのお店の坦々麺がおいしいから一度、是非行ってみて」と勧められたからなのですが、それが1人ではなく全く関係のない2人の方から勧められ、また、「夜のメニューもみんなおいしいから!」とお二人ともが口を揃えて言っておられたのを思い出したからです。

 

 

 

人は忘れっぽくて、しかも新しもん好き。

自分自身は特にその傾向が強いように思っています。一度行ったお店を覚えていて少し歩くけどあそこに美味しいお店があるから行こうなどと言う事は滅多にありません。その意味ではこの中華料理屋さんは少し特殊となりますが、なぜ印象に残っていたか、思い出していくことになったかと言うと2方向からの推薦が強く記憶に残っていたからではないかと思います。実際に、坦々麺がおいしかったこともありますが、昼間に中華料理屋さんでラーメンを食って違う機会で同じ店に晩御飯を食べに行ったことなど今までないことを考えると単においしかっただけでは無いということです。

 

 

メディアミックスの時代

第三者的立場からの2方向、3方向からの情報は一人称からのみの情報に比べて信頼性を圧倒的に高めます。これはどんなビジネスでも当てはまると思っていて、メディアミックスの時代と言われる現代においてはずいぶん当たり前になっておりますが、様々なメディアを使って情報発信をしたところで情報を届けたい潜在顧客にうまく届くとは限りません。理屈は誰もがわかっているところですが、実際にできるかどうかはまた別の話で、全く別の分野での取り組みを同時に行う必要があります。
マーケティング的な観点で言うと口コミや紹介をもらえるように自社のサービスをブラッシュアップしていく事が何よりも重要となりますが、認知を広げる、存在を知ってもらうことの必要性も強く感じています。地域に密着するビジネスならばなおさらです。

 

 

野立て看板戦略

私たちが認知を広げるために行っている事の1つに地域の方々にに知ってもらうための看板戦略があります。アナログというか、ベタに過ぎる気がしますが、これがなかなかバカに出来ません。おらが町の駅前のメイン通りに位置する野立て看板は名刺と同じロゴを大きく描いている事もあり、神戸の西地区の人に名刺をきると、「どこかで見たことがあるような、」とか、「知っている気がしします、」とか、「あー、伊川谷の川沿いに看板がありますね」とか、非常に薄い認知ではありますが、非常に高い確率で親近感を覚えてもらえます。なので、事業所の近隣の住民への認知も非常に高く、「看板を見て来ました。」と飛び込んで来られる方も(業者さん含めて)少なくありません。看板で伝える事が出来る情報は少なく、強い印象を与える事は出来なくても、2方向、その方向からの同時多発的オファーの1つとして機能している事は間違いありません。

 

 

物言わぬ営業マン

そんなすみれの看板を本日5年ぶりにリニューアルしておりまして、「家は建ててからがスタート」と私たちの事業の方向性を表したスローガンをシンプルに掲げています。地域の人たちに私たちの存在と事業の方向性を認知してもらえるように営業マンのいない会社の喋らない営業担当として新たな活躍してくれることを祈ってます。(^ ^)

自立循環型社会への取り組み@ひょうご木づかい王国学校

5月24日雨のち曇り

昨日までの初夏の日差しを思わすような良い天気が嘘のように今日は朝から雨。いまいちぱっとしない天気の下、半年に1度のTOTOリモデルクラブのゴルフコンペに参加してきました。

昨日は少し早めに仕事を切り上げて大阪フェスティバルホールへ。ずいぶん久しぶりに(熱烈な東京スカパラダイスオーケストラのファンである)妻にスカパラのライブに(いけなくなった友人の代打で、笑)連れて行ってもらいました。横ノリ縦ノリモンキーダンスで年甲斐もなく童心に返ってはしゃぎ、楽しませてもらいました。毎日、何かと忙しい日が続きます。(笑)

 

 

木材利用条例制定されます。(予定)

ゴルフコンペが終わった後はそのまま急ぎ神戸ハーバーランドに向かい、ひょうご木づかい王国学校の理事会に参加、運営主体を自治体から私たち民間の任意団体に移行して本格的な活動開始する第一回目の理事会と言うことで気合を入れて事業計画のスケジューリングやイベント企画、オリジナル商品企画、雑誌の発行等てんこ盛りの議題に取り組みました。各事業を同時多発的に推進してくれる担当の委員も決まり、先日の総会で議案に提出した事業計画を進めていくことができそうです。

実は、兵庫県では現在議員立法で兵庫県産材利用の条例の法案が提出されており、現在パブリックコメントが集められています。もうすぐ可決される予定とのことで、徳島県や岐阜県など木材の産地では先行していくつかの自治体で条例が制定されているのですが、遅ればせながら兵庫県もいよいよ地材地消、森林資源の活用、地場産業の活性化に県を挙げて取り組もうと言う機運が高まって来ました。

 

 

使いたくても使えない県産木材。

しかし、一般の方が実際に家を建てようとすると大手ハウスメーカーや建売住宅などを手掛けるパワービルダーではほとんど県産木材は使われておりません。実は、一般消費者がエコロジーの観点から家づくりに地元の木を使いたいと思っても使えないのが現状でして、その受け皿となるのがこのハーバーランドにある志しの高い工務店やリフォーム会社が集まった「ひょうご木づかい王国学校」と言うことになります。私たちの存在を知ってもらうことが森林資源の建築用材への利用、適正価格での流通に繋がり、伐採後に山を再生する資源を山主に戻すことに直結します。だからこそ、兵庫県が作った施設を私たちが運営する役目を任されているのです。

今日の理事会では運営メンバーに、われわれは単に施設の運営をするのではなく地域にムーブメントを起こす運動をするのだと言う立ち位置を確認してもらいました。私たちが「地域に住まい、暮らしていくには地域が良くなるべき」だと考える意識の高い顧客層の受け皿となり高い性能と快適性と安全性を担保した住宅を提供することで持続可能な形での顧客、工務店、林業を始めとする地場産業の三方良しを叶えることになると考えています。

 

 

ひょうご木づかい王国学校が提供するベネフィット

これから事務局を受け持ってもらっている神戸新聞事業者を通して新聞等でもリリースがされていくと思いますが、今回の事業計画で推し進めたひょうご木づかい王国学校で相談された方が家づくりやリフォームをされる際に享受出来るメリットを以下に整理してみたいと思います。

  • 地元の木材を標準的に使える事業者が集まっており、技術的な担保もしっかりされている。
  • 宮大工を始めとする伝統工法に長年従事する事業者がおり、こだわりの住宅も作ることができる。
  • 兵庫県産木材特別ローン(日本で1番低金利の固定ローン)の利用ができ、住み始めた後の安心が担保できる。
  • 無料でライフプランの作成ができ、安心の資金計画の上で無理のない住宅取得ができる。
  • 国交省の補助金、地域型グリーン化事業の申請をしており、補助金を使ったお得な住まいづくりができる。
  • 定期的な伐採ツアーなどのアクティビティーを通して木材の産地、山とのつながりができて循環型社会を構成する一員となれる。

などなど、売り手側の都合ではなく建築主の目線でベネフィットが感じられるような仕組みを盛りだくさん考案し、実行に向けて走り始めました。特に、メンバー間での研修や情報共有の充実を図ることで設計施工性能のレベルの向上を図り、ゼロエネルギーハウスクラスの快適性をどの事業者に依頼しても担保できるようにする取り組みは非常に価値があると思っています。

 

 

自立循環型社会へ。

正会員25社、賛助会員25社と志を同じくする多くの仲間がいることに心から感謝しつつ、これから運営委員会メンバーと共に精力的に兵庫県を活性化する取り組みを進めていきたいと思います。

ひょうご木づかい王国学校、木の住まい相談カウンター運営委員の皆様、賛助会員の皆様、森林を守り、地場産業を盛り上げ、地域工務店が地域と共に生きていけるマーケットを作り上げる自立循環型社会への取り組みはこれから1年間が非常に重要な年だと思っておりますのでどうぞよろしくお願いいたします。共に気張って参りましょう!

 

_________________________________________

■6月21日大阪ブルータスにてオープンセミナーに登壇します!

建築業界初となるクラウドファンディングを利用して受注施設運営の資金確保を成功を記念してクラウドファンディングの裏話、気をつけるべきところ、具体的な活用方法をインバウンドマーケティングの理論と合わせて話します。SNS、クラウドファンディングを活用して事業の成長を考えている事業者は必見!!
お申し込みはこちら→クラウドファンディングとインバウンドマーケティング」

起業塾.

 

■お待たせしました!福岡にて職人起業塾開講します!

それに先立ちまして6.12@福岡オープンセミナー開催します!
「現場のマネジメント意識が業界を変える!」
現場実務者の戦力化で利益を生み、工務店の未来を切り開く~ 

9月からの【第7期】福岡での職人起業塾初開講を前に経営者、経営幹部向けに総論を紐解くセミナーを開催します。また、現場実務者戦力化のための研修費全額を賄う補助金活用の申請資格等の実務も合わせてご説明します。
企業は人なり、理念の実践こそが未来を切り開くとお考えの経営者様は是非ご参加ください。

平成29年6月12日(月) 14時~17時
LIXIL福岡ショールーム 1階会議室
参加費3000円 定員36名、先着順
https://www.facebook.com/events/1092887280813358/

 

■職人起業塾【全15回 厚生労働大臣認定コース】

東京開催締め切りました。9月からの福岡開催の受講受付開始しています!
第7期生【九州地区:福岡会場  9月1日~2月22日 申込〆期6月30日まで】
問い合わせ:https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/お問い合わせ
fbページ:https://www.facebook.com/shokuninkigyoujyuku/
ホームページ:https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

 

 

顧客に生かされているという事実。

5月23日 快晴

 

ハードな日々は続く。。

日中の気温はもう三十度に届くか、というくらい暑くなって来ました。晩春ですね。
24節気では立夏から小満へ、暦の上通りの夏になりつつあります、よく晴れた空を見るだけで遊びに行きたくなってしまいますが、今日は(週末に行って来たアルプス安曇野センチュリーライドの余韻を引きずりつつ、)一日事務所に籠ってデスクワークに勤しみました。

昨日は松本から帰神してそのまま、神戸のエスタシオン・デ・Kobeで開催されていた一般社団法人倫理研究所 神戸市倫理法人会の主催の講演会、懇親会に参加、その後10年来のお客様であり、すでに友人の域に入っている方の相談を受けながら一杯と、気づけば日付が変わっていたというハードな一日になりました。毎日あれこれと色々あるものです。。(笑)

 

 

倫理法人会に入会します。

倫理法人会には(これも10年来のお客様から、)以前にも何度もお誘いを頂いておりまして、いつも日程が合わずにお断りをしていたのですが、今回は是非とも!と丁寧なお手紙を頂戴し、そろそろ行かねばならぬと旅先から無精髭のままで失礼します、と名刺も持たずに参加させて頂きました。倫理法人会には熱心に活動をされている知り合いが少なからずおり、研究所が発行している「職場の教養」という秀逸な冊子も何度も頂いたこともありましたので、大まかな内容は分かっていたつもりでしたが、講演会にお邪魔して見ると、やっぱり見ると聞くとは大違い。非常に素晴らしい体験者発表と講演で、違和感なくストンと腹落ちする内容に「なるほどなー、尊敬している経営者さん達がが熱心に通われているはずや、」といたく納得した次第で、懇親会の際に無茶振りとも言える壇上に上がって挨拶をさせられたさせて頂いた流れで公開クロージングに遭いそのまま入会する運びとなりました。(笑)
今以上にタイトな時間のやりくりに拍車がかかりますが、自分を律する取り組み、進めてみたいと思います。

 

 

人生の転機。

この度、お誘い頂いた村山さんは10年以上前にご自宅の全面リフォームをご依頼頂いて以来のおつきあいで、その当時、今の本社ではなく、一階が倉庫で二階が事務所という長屋のような狭いところで創業してまだ間なしの頃で、(自分でいうのもなんですが、)よくそんな頼りなさそうな私達にご依頼頂けたモノだと、本当に有り難かったことを今も鮮明に覚えています。

ご注文を頂いて、工事が終わるまでは単にお客様と大工上がりの若手経営者の関係だったのですが、工事を全て終えてお引き渡しの際に、村山さんから「高橋さん、何か経営の勉強でもされているの?」と声をかけて頂きました。それも、工事前の設計担当者を始め、工事中も社員の大工たちが一生懸命熱心に村山さんとコミュニケーションをとりながら進めて来たことをお褒め頂いた流れでして、私としてはその当時、社内に「7つの習慣」を取り入れてコツコツと勉強会をしたり、ミッションステートメントを作ったり、社員と一緒に三十日チャレンジに取り組んでみたりしていた時で、それがお客様に伝わったのだと、涙が出るほど嬉しかったのです。これが、私が経営者としての勉強を始めて初めての成功体験だったと言っても過言ではありません。因みに、7つの習慣の一番初めに主体性を発揮する習慣を身につけるための30日チャレンジはこんな感じ、、

 

 

30日チャレンジ(7つの習慣より一部抜粋)

私は皆さんに、この主体性の原則を三十日間試すようにお勧めしたい。
実際に行ってみて、その結果を見るだけでよい。
三十日間、影響の輪の中に集中してみてほしい。

小さな約束をつくり、それを守る。
裁く人より与える人になり、批判者より模範になる。
問題をつくり出す人ではなく、問題の解決に貢献する人になる。
結婚生活において、家庭において、仕事においてやってみてほしい。
コントロールできることに働きかけてほしい。
自分自身を変えるようにし、自分のあり方に集中してみてほしい。

他人の弱点や欠点を批判する目ではなく、
慈しみ深い目で見てほしい。
彼らが何をしているのか、何を怠っているかが問題ではなく、
それに対してわたしがどういう反応を選択するか、
わたしが何をすべきかが問題なのだ。

問題は自分の「外」にあると考え始めたら、その考えをやめてほしい。
その考えこそが問題なのだ。

 

 

一度の出会いが、、

そんな私がインサイド・アウトのパラダイム(自分が変わることで世界が変わる)を身につけることに取り組み始めていた時に村山さんがお声掛けくださったのは、「経営の勉強をするなら一人でするのではなく中小企業同友会の勉強会に来てみない?」ということでした。とても嬉しくて、モチロン即答で最短の日程で参加させて頂きました。しかし、その当時の私はまだまだ未熟者で、7つの習慣の実践に張り切ってというより必死になっていた(のにできなかった)時期で、街の経営者さん達との意識の違いに若干の違和感があり、結局その勉強会に入会することはなく、独自路線でマーケティングを学ぶことを選びました。

ただ、一度きりしか参加しなかった中小企業同友会での懇親会で運命の出会いを頂くことになり、その後の私、そしてすみれの事業を大きく変革させてくれることになったのです。それが、15年近く経った今も継続してコーチングを受けているビジネスコーチ四辻さんとの出会いのきっかけです。自分一人では変えれなかったことが、コーチングを受けることによって変えることができましたし、志だけはあっても目標もビジョンも曖昧だったのを一つずつ明確にすることが出来るようになりました。因みに、現在、一般社団法人として法人化した職人起業塾は(当時は全くなんの準備もアテもなく)8年くらい前から50歳になるまでに全国に展開したいと四辻コーチにコミットしていたのですから、その効果性は推して知るべしというところでしょうか。

 

 

お客様に生かされている。

とにかく、現在の私がいる(肉体改造に成功して生きている)ことも、すみれがここまでの幾多の苦難を乗り越えてなんとか17期までやってこれたのも、職人起業塾で他社さんの現場実務者のサポートをしているのも、四辻コーチと二人三脚で目標設定、問題解決、そして目標達成を繰り返して来たからで、その元はというと、村山さんが私に「勉強会にこない?」と声をかけて来たところから始まり、繋がっているのです。

そんなことを思い出しながら昨日の講演を聞いていると、「自分が変わらないと他人は変わらない」「事業で初めに大事なのは準備」「全ては在り方から始まる」と私がこの15年来取り組み続けて来たインサイド・アウトや状態管理と言った原理原則論を登壇者の2名がそれぞれの体験を元に話され、その価値観を共有する団体が日本全国にあることを知ることになり、大いに勇気と希望を頂けた次第です。これまでもお客様である村山さんに助けられ、またこれからも支えて頂けることになるのかと嬉しさと感謝の念で胸がいっぱいになりました。

村山様、いつもお気にかけて頂けていることに心から感謝すると共に、今後とも何卒宜しくお願い致します。頂いたご恩を胸に、今後一層の精進を心がけます。本当にありがとうございました。

心謝。

 

_________________________________________

■6月21日大阪ブルータスにて学生主催のオープンセミナーに登壇します!

建築業界初となるクラウドファンディングを利用して受注施設運営の資金確保を成功を記念してクラウドファンディングの裏話、気をつけるべきところ、具体的な活用方法をインバウンドマーケティングの理論と合わせて話します。SNS、クラウドファンディングを活用して事業の成長を考えている事業者は必見!!
お申し込みはこちら→クラウドファンディングとインバウンドマーケティング」

起業塾.

 

■お待たせしました!福岡にて職人起業塾開講します!

それに先立ちまして6.12@福岡オープンセミナー開催します!
「現場のマネジメント意識が業界を変える!」
現場実務者の戦力化で利益を生み、工務店の未来を切り開く~ 

9月からの【第7期】福岡での職人起業塾初開講を前に経営者、経営幹部向けに総論を紐解くセミナーを開催します。また、現場実務者戦力化のための研修費全額を賄う補助金活用の申請資格等の実務も合わせてご説明します。
企業は人なり、理念の実践こそが未来を切り開くとお考えの経営者様は是非ご参加ください。

平成29年6月12日(月) 14時~17時
LIXIL福岡ショールーム 1階会議室
参加費3000円 定員36名、先着順
https://www.facebook.com/events/1092887280813358/

 

■職人起業塾【全15回 厚生労働大臣認定コース】

東京開催締め切りました。9月からの福岡開催の受講受付開始しています!
第7期生【九州地区:福岡会場  9月1日~2月22日 申込〆期6月30日まで】
問い合わせ:https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/お問い合わせ
fbページ:https://www.facebook.com/shokuninkigyoujyuku/
ホームページ:https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

心謝!@Alps azumino century ride 2017

5月22日 快晴

 

AACR 2017参戦記

すっかり夏を思わせる様な強い日差しの松本のホテルからスタート。
一年前に知り合いで私が尊敬してしてやまない長野の若手経営者、青柳社長のfbの投稿を見て、どーしても参加してみたい!と思っていた緑のアルプスあづみのセンチュリーライドに参加させてもらえることになり、土曜日から前乗りで松本に来ておりまして、昨日、全国から集まった同業の経営者仲間6人と共に無事、160kmを制限時間内に走破。最高の天気と最高のロケーション、そして最高の仲間達との一日を楽しみました。ロードバイクに乗り始めてまだ2年目のど素人同然の私としては1日に160kmを走るのは初めての事で、昨夏のビワイチ(琵琶湖一周)を二日間かけて250kmを走った際に随分と(お尻が)キツかった事もあり、山道もあるであろうと思われた今回の大会へのエントリーは若干の不安もありました。しかし、実際に参加してみると残雪の残る八方尾根、五竜とおみの雄大すぎる美しい景色に終始感動、最高の仲間と最高の時間を過ごすことができました。

悔やむべくは、前日の前夜祭で調子に乗って暴飲暴食してしまって、胃腸の調子が最悪&超睡眠不足での参加となってしまったこと、本当にバカ、と、お調子者の自分を大いに反省することになりました。ギリギリの美学、しょうもないところで使ってます。。(苦笑)

 

 

おっさんたちの挑戦。

今回の松本から白馬までの往復160kmのサイクリングは(私もですが、)昨年出場して今回お声がけくださった青柳社長以外は参加した仲間の誰もが初めての挑戦、もしくは20年以上前の若かりし頃の経験しかなく、全員が不安を抱えての参戦でした。全国各地からえー年したおっさん経営者が一堂に会し、何の得もない、誰に褒めてもらえるでもない、不安に立ち向かい、ただ苦しい思いをしながら汗をかき、自分の体力の限界ギリギリの挑戦をしている姿は傍目から見るともはや滑稽かも知れません。しかし、大丈夫かしら?と言いながら参加してみて「生きていて、こんな体験が出来て良かった、本当に幸せや!」と思えるくらいの感動をさせてもらえることができました。またしても、直感が当たっていたのです。(笑)

 

 

神降臨。

朝6時にスタートして、ゴールの足切りタイムは17時、11時間もの間ペダルを踏み続ける非日常のシュチエーションは様々なドラマを見せてくれました。レース中に「ありえへん!」と何度も口にしてしまうほどの体験は感動を通り越して(年甲斐もなく)心が震える様な感覚を覚え、生きてて良かった、長野に来て良かった!とペダルを踏みながら何度もつぶやいてしまいました。(笑)

まずは何と言っても大会主催者である鈴木雷太さんが私たちおっさんチームが完走できる様にサポートをしてくれたこと。私たちに参加しませんか?と声を掛けてくれた青柳社長とは旧知の中で、普段から懇意にされているとのことですが、まさか元々、全日本チャンピオンでオリンピック選手で、オリンピックの監督を務められた方と一緒に走ることができるなんて夢にも思っておらず、レース中盤で「ペースあげるからついて来て」と言われて追走させてもらったのは一生の宝と言っても過言ではありません。本当にしびれました。

鈴木雷太(出典:ウィキペディアより)

鈴木 雷太(すずき らいた、1972年8月11日 – )は、愛知県岡崎市出身の自転車競技選手である。2000年シドニーオリンピックMTBクロスカントリー日本代表。

略歴

168cm、52kg。岡崎商業高校卒業。チームブリヂストン・アンカー・クロスカントリーに所属し、現在はコーチを務めるかたわら、長野県松本市にてスポーツバイシクルストアBIKE RANCHを経営。また2012年ロンドンオリンピックマウンテンバイク日本代表チームのコーチを務め、2014年アジア大陸マウンテンバイク選手権には、全日本チームの監督として指揮をとり、過去最高の成績を収める。 シドニーオリンピッククロスカントリーに出場、2002・2005年全日本王座も獲得している。ニックネームは「雷蔵」。

主な成績

やり通す意思。

もう一つ、今回作り上げられた伝説?は新潟の高橋社長が勢いで今回のイベントに参加表明され、全く何の準備もなく、大会前日に新しく購入された自転車に初めて跨って使い方だけを確認した状態で参戦されたこと。いくら自転車とはいえ、160kmを時間内で走るのはそんなに簡単なことではなく、(本人も含めて)誰しも無謀な挑戦だと思っておりましたが、レースの規定で途中から120kmコースに変更することもできる等、救済処置も準備されているということで「まあ、行けるところまで頑張ってみましょう」的なムードが漂いながらスタートを迎えました。


「大丈夫ですか?」という言葉を何度声かけられたか分からないほど訊かれ続けた高橋社長は折り返し地点に行く前に「もうボロボロです、」と言われてましたが、結局、結果は最後までやり通して見事完走!経営者の意地というか、粘りの強さというか、モチベーションの高さというか、とにかく誰もが無謀だと思っており、やめたほうがいいと思っていたにも拘らず自分の意思を貫き通す、諦めない姿勢は同じ経営者として、尊敬するばかりです。
高橋社長、為せば成る、為さねばならぬ何事も、勉強させて頂きました。

 

 

感謝!

その他にもチームとしての目標達成を諦める、目標設定を下方修正するかと迷った時に一番苦しいはずの人の一言で全員が勇気をもらい、気合いを入れ直して弱い心と戦い、苦しいことに立ち向かう様に空気が変わる瞬間があることや、プロの的確なアドバイスやマネジメントをしてもらうことで、困難な目標も達成できるなど、単に自転車と体力のことだけではない私たち組織を運営する人間にとって、非常に重要な部分を実際のギリギリの体験を通して学ばせて頂きました。立派な人の経営理論をじっと椅子に座って聴くよりもずっと深くリアルな学びを頂けたと思います。


この度お誘い頂いた青柳社長をはじめ、ご一緒頂いた皆様、鈴木雷太さん、そして応援団長として勇気をくださった藤井最高顧問と応援団の皆さん、AACRのスタッフの皆さん、この度は本当にありがとうございました。心から感謝すると共に、出来ればこれから毎年でも参加させて頂きたいと思います。今後とも引き続き宜しくお願い致します。ありがとうございました。

心謝。


_________________________________________

■6月21日大阪ブルータスにてオープンセミナーに登壇します!

建築業界初となるクラウドファンディングを利用して受注施設運営の資金確保を成功を記念してクラウドファンディングの裏話、気をつけるべきところ、具体的な活用方法をインバウンドマーケティングの理論と合わせて話します。SNS、クラウドファンディングを活用して事業の成長を考えている事業者は必見!!
お申し込みはこちら→クラウドファンディングとインバウンドマーケティング」

起業塾.

 

■お待たせしました!福岡にて職人起業塾開講します!

それに先立ちまして6.12@福岡オープンセミナー開催します!
「現場のマネジメント意識が業界を変える!」
現場実務者の戦力化で利益を生み、工務店の未来を切り開く~ 

9月からの【第7期】福岡での職人起業塾初開講を前に経営者、経営幹部向けに総論を紐解くセミナーを開催します。また、現場実務者戦力化のための研修費全額を賄う補助金活用の申請資格等の実務も合わせてご説明します。
企業は人なり、理念の実践こそが未来を切り開くとお考えの経営者様は是非ご参加ください。

平成29年6月12日(月) 14時~17時
LIXIL福岡ショールーム 1階会議室
参加費3000円 定員36名、先着順
https://www.facebook.com/events/1092887280813358/

 

■職人起業塾【全15回 厚生労働大臣認定コース】

東京開催締め切りました。9月からの福岡開催の受講受付開始しています!
第7期生【九州地区:福岡会場  9月1日~2月22日 申込〆期6月30日まで】
問い合わせ:https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/お問い合わせ
fbページ:https://www.facebook.com/shokuninkigyoujyuku/
ホームページ:https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

 

 

 

神戸ラーメン紀行Vol.149

5月20日 快晴


信州、松本に来ています。珍しく仕事ではなく、同業の経営者さん達と一緒に安曇野センチュリーライドと言う自転車のレース出場するためにやってきました 。

スタートが明日の明け方、1日で160kmのライドを楽しむということで今日は前乗り、中学校の修学旅行以来の松本です。

これから自転車の組み立て、前夜祭?もあり、忙しいので、今日のところはたまっているラーメン振り返りでお茶を濁しておきます。(^_^;) 

では、149回目のラーメン紀行いってみます! 

前回に続きインスタのコメントのままアップです。 

 

懇親会@鹿児島姶良
焼きラーメン 660円
最高でした。(^ ^)
#焼きラーメン  #職人起業塾

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

 

逆に?鹿児島でオススメされた神戸の穴場的中華料理店に早速来てみたらよく中華粥ランチを食べに来てた店だった。。
海鮮湯麺 1100円
#神戸 #県庁前 #あっさり #ちと贅沢 #中華粥ランチ #が有名 #人は忘れっぽい#そして新しもん好き

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

 

工務部社内勉強会、イエプロのロープレからのいつもの焼き鳥。(^ ^)
焼き鳥ラーメン塩 380円

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

 

海苔しょうゆラーメン(と天津飯のランチ)648円
#超久しぶり #青春の味 #かわらぬ熱気 #安い #早い #見直した

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

 

フラ〜っと立ち寄ってくれた福原社長と地元の老舗店にて。
チャーシューラーメン 820円
#餃子セット #320円 #ご飯大盛り #近所飯

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

 

諸事情あって、ゴチになります。
ご飯→たまご焼き→ゆで麺の上にドーン!
マーボーラーメン丼 950円
大峯山、洞川温泉名物ですと。
#ボリューミー #旅館飯の後

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

 

愛想ないけど大好きな店にて。
つけそば 830円
#あっさり味に変更 #冷えてもうまい #チャーマヨ丼セット #130円 #西明石

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

 

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

今日はここまで、ご馳走さまでした!(^_^;)

_________________________________________

■6月21日大阪ブルータスにてオープンセミナーに登壇します!

建築業界初となるクラウドファンディングを利用して受注施設運営の資金確保を成功を記念してクラウドファンディングの裏話、気をつけるべきところ、具体的な活用方法をインバウンドマーケティングの理論と合わせて話します。SNS、クラウドファンディングを活用して事業の成長を考えている事業者は必見!!
お申し込みはこちら→クラウドファンディングとインバウンドマーケティング」

起業塾.

 

■お待たせしました!福岡にて職人起業塾開講します!

それに先立ちまして6.12@福岡オープンセミナー開催します!
「現場のマネジメント意識が業界を変える!」
現場実務者の戦力化で利益を生み、工務店の未来を切り開く~ 

9月からの【第7期】福岡での職人起業塾初開講を前に経営者、経営幹部向けに総論を紐解くセミナーを開催します。また、現場実務者戦力化のための研修費全額を賄う補助金活用の申請資格等の実務も合わせてご説明します。
企業は人なり、理念の実践こそが未来を切り開くとお考えの経営者様は是非ご参加ください。

平成29年6月12日(月) 14時~17時
LIXIL福岡ショールーム 1階会議室
参加費3000円 定員36名、先着順
https://www.facebook.com/events/1092887280813358/

 

■職人起業塾【全15回 厚生労働大臣認定コース】

東京開催締め切りました。9月からの福岡開催の受講受付開始しています!
第7期生【九州地区:福岡会場  9月1日~2月22日 申込〆期6月30日まで】
問い合わせ:https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/お問い合わせ
fbページ:https://www.facebook.com/shokuninkigyoujyuku/
ホームページ:https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

 

負の連鎖からの脱出は逆転思考。

5月19日晴れ

 

昨日の第五期職人起業塾の開講、第一講の研修講師を務めた後はこれから半年間共に学ぶ塾生の皆さん、彼らを送り出してくれた企業の経営者さん達との懇親会に出席。久しぶりにお会いする関社長の登場もあり(当然の流れのように)二次会、三次会と痛飲、(想定内ではありましたが)今日は大阪のホテルからのスタートとなりました。(苦笑)

 

 

トップランナーのリスク意識。

午前中は福岡の地域ナンバーワンの有名工務店であり、第3期、第4期と職人起業塾に参加いただいている長崎材木店さんの来訪を受けて社員大工における現場マネジメントと労務管理についての意見交換の時間を持ちました。決して簡単では無い職人の内製化に果敢に取り組まれている同社は私たちの思想や理念に共感いただいており、現場品質、顧客満足度の向上を軸にした職人的マーケティングの構築を実践されようと熱心に取り組んでおられます。卒塾生の現在の活躍を聞かせもらったり、実務的な内容の質問も盛りだくさん頂たりと良い意見交換ができたのではないかと思います。そんなもうすぐやってくる圧倒的な職人不足の問題に真正面から向き合われている姿を見て、しっかりと未来を見通している企業経営者はリスクに対する意識が高いモノだと改めて感心させられることになりました。

 

 

原因と結果の法則

職人起業塾の研修では初回に塾生さん全員に自己紹介をしてもらいます。その中で建築業界が抱える問題と社内が抱える問題についても話してもらうようにしておりまして、昨日の大阪の研修でももちろん行いました。塾生さん達が問題意識を持っておられたのは職人不足、若者の入職者がいないこと、中堅の技術者がいない空洞化と人材不足の問題が圧倒的に多かったです。
起こっている事象にはすべて原因があると考えると今の職人不足を招いている根本的な原因を解消しなければもちろん良い結果は生まれません。では根本的な原因とは何か?その解決作とは?を問いかけつつ、その問題解決の1つの方法論がこの職人起業塾だと言うことを懇切丁寧に説明した次第です。(笑)

 

 

職人不足が加速し続ける原因。

以下に現場実務を長年行ってきた私の視点から現在の職人不足になった原因、その流れを整理してみました。

  • 建築業は基本的には将来マーケットが縮小していく斜陽産業である 。
  • 業界に携わる全員が漠然とした将来に対する不安を抱えており、将来を担う人材育成への投資をためらう風潮がある
  • 先行きが不安な以上、現在の収益を最大化することに注力してしまう。
  • 元請け工務店は経営の効率化の名の下、抱えていた大工を外注扱いにして閑散時のリスクを軽減、一般化した。
  • 徹底した分業化とコストカット、コストダウンの荒波が職人の単価を押し下げたまま市場価格として定着
  • 一度下がった単価は競争原理に引きずられて簡単にはあげることができない。
  • 社会的保障もなく賃金も低く肉体的にもきつい仕事には当然若者は魅力を感じないし、親もそんな世界に行かせようとは思わない。
  • 大工を育成していた街の大工工務店は大手ハウスメーカーやビルダーの下請け職人になり、弟子を育てる金銭的余裕などなくなってしまった。

 

 

負のスパイラルからの脱出。

そんなこんなで今現在、建設業に従事している職人も決して満足できる環境でなく、若者にとっては(労働条件、労働環境は)魅力の欠片もなく、若者を受け入れて育てる者もおらんと言う三重苦の負のスパイラルに陥っています。

この問題を解決する答えは明白で、職人と言う職業が魅力的なものになれば良いだけです。良い職業の定義は様々ですが、第一には将来を不安に感じない位の収入があるべきではないでしょうか。社会保障などついてなくてもそれなりの収入があり、貯蓄が出来れば大きな問題ではありません。結局はカネの問題が1番なのです。

要は職人が稼げるようになれば良くて、儲かる職業になれば若者もおのずと集まってきますし離職者も激減すると思っています。職人は稼ぐ方法論=マーケティングを学ぶべきで、儲かる人=信じられる人になるべく意識を変えなければならないと思っています。

昨日の職人起業塾でもある若い大工の塾生さんが、「営業マンよりも大工の方が地位が低くなってしまっているのが悔しい、」と言っておられましたが、それは営業マンの方が稼ぐからに他なりません。稼ぎでひっくり返すことが出来ればおのずと地位もひっくり返ります。そうやって職種間で切磋琢磨することで会社にも利益がより残るようになり、顧客へのサービスの還元もできるようになると思うのです。現在建築業界にはびこる負のスパイラルは真逆の選択をすることで抜け出すことができるはずで、労働環境を整備して、職人が将来に希望を持てるキャリアプランを作り、若者を育てる決意を業界全体が持つべきだと思うのです。

 

 

一人じゃない。

すこし風呂敷を広げて書きすぎたかも知れませんが、実際は企業経営者も現場に携わる実務者も一人ずつが意識を変えて、今だけ良ければ良いのではない、未来を創る選択をするようになるしかありません。職人上がりの経営者であり、自分自身が置かれていた厳しい環境から起業の際に「職人の社会的地位の向上を図る」というミッションを掲げた私が職人起業塾の活動を通して少しでも現場で稼げる方法論と思想を伝えることができればいいと思っています。

歩みはあまりにも遅く、私が今持つ影響力は脆弱に過ぎますが、根本的な問題解決へのアプローチは表面的な対処ではなく原理原則に従うべきであり、こんな地道な方法しか解決策はないのじゃないか、なんて思いながら、千里の道も一歩から、ボチボチと進めていきたいと思っています。とはいえ、本日わざわざ神戸の片田舎までお越し頂いた長崎材木店さんをはじめ、全国に私の考え方に共感してくれる人も確実に増えてきているのもまた事実。コツコツと積み重ねていればいつか沸点を迎えることができるのじゃないか、なんて予感も密かに持ってます。
兎にも角にも、まずは職人起業塾に参加頂いている塾生さん達に成果を手にしてもらえるように集中し、気張ってみたいと思います。皆様、宜しくお願い致します!

 

_________________________________________

■6月21日大阪ブルータスにてオープンセミナーに登壇します!

建築業界初となるクラウドファンディングを利用して受注施設運営の資金確保を成功を記念してクラウドファンディングの裏話、気をつけるべきところ、具体的な活用方法をインバウンドマーケティングの理論と合わせて話します。SNS、クラウドファンディングを活用して事業の成長を考えている事業者は必見!!
お申し込みはこちら→クラウドファンディングとインバウンドマーケティング」

起業塾.

 

■お待たせしました!福岡にて職人起業塾開講します!

それに先立ちまして6.12@福岡オープンセミナー開催します!
「現場のマネジメント意識が業界を変える!」
現場実務者の戦力化で利益を生み、工務店の未来を切り開く~ 

9月からの【第7期】福岡での職人起業塾初開講を前に経営者、経営幹部向けに総論を紐解くセミナーを開催します。また、現場実務者戦力化のための研修費全額を賄う補助金活用の申請資格等の実務も合わせてご説明します。
企業は人なり、理念の実践こそが未来を切り開くとお考えの経営者様は是非ご参加ください。

平成29年6月12日(月) 14時~17時
LIXIL福岡ショールーム 1階会議室
参加費3000円 定員36名、先着順
https://www.facebook.com/events/1092887280813358/

 

■職人起業塾【全15回 厚生労働大臣認定コース】

東京開催締め切りました。9月からの福岡開催の受講受付開始しています!
第7期生【九州地区:福岡会場  9月1日~2月22日 申込〆期6月30日まで】
問い合わせ:https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/お問い合わせ
fbページ:https://www.facebook.com/shokuninkigyoujyuku/
ホームページ:https://www.shokunin-kigyoujyuku.com