感覚のちがい

子供を散髪に連れていった時の話。

先に、低学年ぐらいのお子さんと若いお母さんの親子が待っていました。

 

その子はゲーム機器で遊びながら待っていたのですが、順番がきて着席しました。

お母さんが近づいてきてゲーム機器に手を伸ばしたので、

当然、片付けるものだと思っていました。

「さすがにゲームは終了よね~(昭和世代の心の中)」

 

ところが、そのお母さんはゲーム機器本体からコントローラーを外して、

カット中もPlayできるように本体を前の棚にセットしなおしました。

想定外の行動で、唖然としてしまいました。

自分の子供であれば、注意して取り上げていたシーンでしたので。

 

そのことが悪いと言っているのではありません。

私も雑誌を見ながらカットしてもらうこともありますし。

感覚のちがいをまざまざと見せられたので、ビックリしたのです。

ゲーム機器はもう特別なものではなく、本や雑誌とおなじ。

 

自分の感覚で、特にちがう世代を計るのはよくないなと改めて思いました。

 

ちなみに昭和の親に育てられた子は、昭和よりの感性になります。

息子は「おれが同じことしたら、めっちゃ怒られてたよな」と言ってましたから。

 

たまちゃん
  • たまちゃん

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です