土用の丑の日は

土用の丑の日(どようのうしのひ)/

土用丑の日(どよううしのひ)は、土用の間のうち十二支が丑の日である。「土用」とは五行思想に基づく季節の変わり目を意味する雑節(ざっせつ)で、四季の四立(立春、立夏、立秋、立冬)の直前の約18日間を指す。この期間中の丑の日は、年に平均6.09日あることになる。 一般には、夏の土用の丑の日のことを、単に土用丑の日と言うことが多い。

あらためて調べてみると ああそうなんだ 夏しか馴染みがなかったけど そして母の日とか父の日とか恵方巻の方角とかのように固定ではないので いつだっけ?と調べたりする

土用の丑の日はうなぎは外せない!ということはないけど ああじゃあうなぎ食べようかなあという感じ 一食分ごはん考えなくて済むし

うなぎを食べるのは随分久しぶりで 去年はふるさと納税の返礼品 一昨年は次男の清水遠征の帰りに浜名湖SAに寄った時とか

先週の丑の日7/28 お弁当買ってみました

おいしゅうございました 来年は是非お店で食べたいなあ

この夏を元気に乗り切れますように

さいくみ
  • さいくみ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。