7月 4週目は

7月の中で一番暑いと言われる時期

外気と室内の温度差もきついため自律神経も乱れがち  だそう

熱を冷ますには夏野菜を食べるのが一番

熱を冷ますだけではなく、胃腸の働きを助ける食材を選ぶことも大切  だそう

4週目の食薬プログラムは

からだの熱を冷まし、胃腸の粘膜を強化してくれる最強の夏野菜と

炎症をおさえる働きのある食材をとりいれるとよいようです。

モロヘイヤ

しょうが

モロヘイヤは、熱を冷ましからだを潤す野菜と呼ばれ

ベータカロテンも豊富なのであまにオイルやオリーブオイルと

一緒に取ると効果的

しょうがは、冷房により乱れる体温調節を助けてくれます。

冷房でからだの末端が冷える時期には、生のしょうがの方がよいようです。

あっという間に7月もあと少し

はやい!

junko_mitsuke
  • junko_mitsuke
  • 銭湯が好きで、よくホッ♪としに行っています。
    手相とか占いも好きで、朝のテレビの占いは、ほぼチェックしています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です