来られる

2020年 東京五輪・パラリンピックの主会場となる

国立協議場の設計を手掛けられた 隈 研吾さんが神戸に来られます。

 

小学生だった頃に 丹下健三さんが東京五輪で設計した

国立代々木協議場の 第一体育館を見て 将来

建築家になることを決意。

その 56年後に 東京で再び行われる 東京五輪の

メインスタジアムの設計を

ご自身が することになられたそうです。

 

建築を通じた 環境が市民に開かれ

持続性を持ち 次代につながっていくことが大切

であり

国立協議場が

人々の記憶に 残って いくことが大切であると書かれています。

 

今回は 「神戸・三宮の未来を考える」と題した

無料のシンポジウム。

 

せっかくの機会

是非 参加出来ればと思っています。

がんきち
  • がんきち
  • 猫が3匹家にいます。ビックリするくらい各々個性的です。そんな彼らとのんびり過ごす時間が幸せです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です