てんちはじめてさむし

8月28日〜9月1日頃は二十四節気:処暑 七十二候:次候の天地始粛(てんちはじめてさむし)

ようやく暑さが静まる頃 天気図には秋雨前線が登場し 冷たい空気とともに秋を運んできます とはいっても 日中はまだまだ暑く 夏の気候が続きます(暦生活より)

 

『粛』には おさまる 弱まる という意味があるそうで

このところ 日中在宅時はほぼエアコン2台フル稼働。でも昨夜はエアコン切って就寝しました

暑さは相変わらずだけど蝉の声がそれほどうるさく感じなくなったり 夜 虫の声が聞こえたり 季節が進んでいくのを感じます

 

七十二候 1年を約5日ごとに細かく分けそれぞれのできごとをそのまま名前にして 漢字3文字または4文字で表しています

まともに読めないのが多いけど読み方と意味が分かるとなるほどなあと思ったり

そういえば今年はあまり外出しなかったからか蚊にさされることもほぼなく 夏の風物詩ともいえる蚊取線香にお世話になることもなく

海にもどこにも行かず夏が終わろうとしています・・・

暦生活より https://www.543life.com/

 

さいくみ
  • さいくみ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です