住まいの耐震を考える

通勤用の愛車の車検の日が近づき

頭をかかえる まっつぁん です。

10年以上乗っていて

走行距離も。。。この通りです。

さて、どうなることやら。。。

 

で、本日は 会社のパジェロミニ で

ぐっさん と一緒に 明石海峡大橋を渡り 淡路市へ

もちろん、お仕事です。

 

今回のご依頼は、

最近、購入された住宅の耐震を含めた改装工事!リノベーションです。

兵庫県では、『ひょうご住まいの耐震化促進事業』という助成事業があります。

阪神・淡路大震災では、昭和56年5月以前の 「旧耐震基準」の木造住宅の被害が多く

旧耐震基準の住宅の耐震改修を進めています。

その制度も利用しながら進めていきます。

そんな、古い住宅ですから 図面も残っておらず

現地で、採寸、確認しながら 図面を起こしていくわけですから。。。

一人では無理なので ぐっさんと一緒にというわけです。

が、あいにくの雨模様。 橋を渡りながら出て来るのは、

『晴れてたらなぁ~』 という言葉。 もちろん、お仕事です。

橋を降りて、海岸線を少し南下。

事務所を出て、30分ほどで着きました。

『淡路って、近いんだ!』

お施主様と現状を見ながらのお打合せ。

前日までは、メールや電話でお話するだけだったので、

お考えや、ご希望がビシビシ伝わってきます。

出来る限り、ご要望にお応えしながら

これから、ぐっさんと二人で進めていきます! はいっ!

 

と、ひそかな楽しみは 淡路の風景かも。

まっつぁん

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする