見える化がもたらす「安心・安全」

職種上、めったにお客様と打ち合わせをしないのですが、先週、神戸市西区のキャルファーム様にお邪魔してきました。

キャルファーム神戸

こちらでは農業を通じた食の安全や人材育成、コミュニティの構築など、新しい「農」にチャレンジされていて、その取り組みはご好評のようです。

取り組み内容についてはサービス一覧をご確認ください。

 

 

キャルファーム ハウス内

寒風をものともしない温室ハウス。
ほのかに温かく、適度な湿気も感じます。

 

 

ミニトマト

好環境ですくすくと育ったミニトマト。
この後、おいしくいただきました

 

 

畑

野菜畑。

おなじみの姿になる前の白菜とブロッコリー。

意識して見るのは初めてなので、少し感動。

 

野菜に生産者名が表記されようになって久しいですが、その生産者のポリシーや人となりはラベルから伝わってくることは、ほとんどありません。
ただ、こちらの農場にはふれあいや作り手の想いといった温かみがあり、そこには信頼に近い安心を覚えました。

「何を思って仕事をするのか」

それを考えなかったことは一日としてありませんが、伝えるべき相手に伝わらなければ宝の持ち腐れになる―そんな気付きをいただきました。

 

すっかり脱線してしまいましたので、足を運んだ用事については、また後日・・・(笑)

 

【おまけ】

素敵なお土産、トマトジャム!

トマトジャム

レシピネタに恵まれて、嬉しい限りです♪

sumire_staff

シェアする

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする