カテゴリー別アーカイブ: 未分類

一回きりの人生、ドラマティックな方を選択すべし。

平成二十九年十月二十一日 雨

台風接近中

大型で強い台風がまたもや日本列島に向かって来ており、その余波で神戸でも今日は朝から夜まで一日中雨が降りしきりました。今週着工した新築現場の基礎工事は進まないし、明日に予定していた茶の湯のお稽古も大事を取って中止となったし、またもや大自然の気まぐれにすっかり振り回されております。とはいえ、この程度の雨で済めば御の字、非常に勢力が強い台風が上陸するとの事ですが、何処にも大きな被害が降りかからない様に祈りたいと思います。

 

 

ゆめのたね放送局にて収録

今日は朝から大阪へ。Facebookでつながったインターネットラジオのパーソナリティーをされている加藤から番組への出演のオファーをいただいて収録に伺うことになりました。インターネットラジオに出演するのは今回で3回目となり、勝手は大体わかってはおりますが、慣れない事であるのに変わりはなく、前回、前々回同様あまり上手に話せたような実感はありません。しかし、パーソナリティーの加藤さんの上手で親切な誘導のおかげでなんとかゲストの役割をこなせたように思います。

 

縁は異なもの乙なもの

今回もラジオの収録ではパーソナリティの加藤さんに質問され、私がそれに答えるというインタビュー形式というか、コーチングスタイルで進みました。実は加藤さんとは今日が初対面でこれまで会ったことも話した事も無かったのですが、収録前の打ち合わせで言われたのは「高橋さんの生き様って楽しそうですね」「お仕事はしっかりと理念を持っておられますが、どのように理念を作られましたか?」と私の現在はおろか、過去の事までもよくご存知の様子、しかもとても好意を持って接して頂きました。初対面とは到底思えないやり取りをして、ネット上に情報を公開している、または日々の出来事をSNSで共有している事の凄さを改めて実感、10年前では予想も出来なかった様な人とのご縁を頂ける事に感謝しつつ、これまでと全く違う時代を生きている事を再確認です。

 

人生というストーリーを生きる

本日、 初対面だった加藤さんが抱いていてくれていた私の印象はあくまでインターネット上で私が発信した情報に引っ張られ、バイアスが掛かっていると言わざるを得ませんが、私としてはリアルに会ってもそんなに大きな違いは無かったはずだと思っています。このブログを毎日欠かさず10年以上も更新し続けて日々刻々の出来事を通して考えたこと、感じた事を発信し続けているのは等身大の私を知ってもらう事を目的としており、それは毎日継続して更新する事で自動的に嘘や取り繕いを排除する決意と共にあります。加藤さんにはそのあたりの私の想いが伝わっている様な雰囲気で接してもらえたように感じましたし、日々の情報発信が無駄では無かったと非常に嬉しく感じました。

 

 

人生を変えたのは小説

そんな和やかな雰囲気の中でのラジオ収録でこれまでの人生を振り返ってのターニングポイントというか、生き様に大きな影響を受けたのは何かと訊かれました。普段あまり考えたことが無かった質問でしたが、私が咄嗟に出した答えは本からの影響です。書店経営者の父親の下に生まれて幼少の頃からふんだんに本に慣れ親しむ環境で育てられた私は中学生になった頃から司馬遼太郎や山岡荘八といった歴史小説作家の長編小説を貪る様に読み続け、血湧き肉躍る英雄の活躍をまるで自分が体験したかの様な深い感情移入をしながら間接体験を積み重ねました。特に織田信長の烈火の如く激しい生き様には強い憧れとリスペクトを抱き、信長の様な短くも激しい人生を送りたいと子供ながらに思っていました。いわゆるゴンタクレな少年時代から高校中退という学歴社会からドロップアウトの選択をして、成人するまで勝手気儘な暮らしを経て、当時バケモンしか続かないと言われていた佐川急便に勤め、その後佐川事件をキッカケに普通の運送会社へと変わったのに飽き足らず起業を目指して職人になり、無一文から工務店経営者となった現在に至るあらゆる場面での選択で子供の頃に熱中した戦国時代の武将や幕末、明治維新の志士たちの生き様に感化されていたのは間違いありません。いつも決断の最後には一度きりの人生、ドラマチックな方を選ぶべし。と自分に言い聞かせて来た様に思います。そんな今まであまり話した事がない赤裸々な話を恥ずかしげもなく、ラジオ収録の場で喋ってしまいました。もし、タイミングが合えば、聞いてみてください。(^_^;)
_______________________________________

一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイトリニューアルしました。

研修のお申し込み、問い合わせ、補助金の活用などの情報を集約しています。

一度のぞいてみてください!

HOME

https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

 

職人起業塾6ヶ月コース絶賛募集中

現在、来年開催の鹿児島、大阪の先行予約開催受講者を絶賛募集中です!

現場の改革から業界を変える取り組申し込みお待ちしております!

_______________________________________

「ハウジング・アクティブ・ソリューションズ(HAS)セミナー」に登壇します。

建築業界の最先端のソリューションを提供する企業に混じって職人起業塾の研修の総論を短くまとめてご紹介します。参加費は何と!無料です!

12/15 (金)TKPガーデンシティPREMIUM広島駅前【定員50名】(初開催)

お問い合わせはこちらまで→https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/お問い合わせ/

HASセミナー仙台

HASセミナー仙台

__________________________________

職人的マーケティング論、メールマガジン配信中

毎月の【元祖】職人起業塾での開催内容や最新のマーケティング関連の(個人的な)考察などを低頻度ながら配信しています。無料ですのでよかったら登録してみてください。^ ^

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGxqzg

 

営工一体理論@JACK営業セミナー

平成二十九年十月二十日 雨

 

今日も今日とてよき1日。

昨日、一昨日と職人起業塾の検証研修が続き、若干体力というかパワーを消耗したまま、今日は朝から空調機メーカー、代理店と一緒にお客様先の店舗のリニューアル計画の詳細調査。小雨が降りしきる中、配管ルートや機器の設置場所の検討と一緒に改修の範囲や工期までイメージを膨らましながら頭の中で提案する計画の全体像をまとめました。いいご提案ができるように協力会社さんと計画を練りこんで、納得してご採用いただける内容に詰めたいと思います。

昼からは京都みやこメッセへ。一般社団法人JACK主催、カリスマ蜘手理事長による営業セミナーが開催されると伝えたところ社員大工の姫井くんと佐藤くんが参加したいと意欲を見せたので私も一緒に参加してみました。切れ味鋭い蜘手理事長の理論構築と数多くの事例を元にした実践検証は相変わらずの素晴らしさで非常に勉強になりましたし、最近なかなか顔を合わすことの無かったjackのメンバーとも話す機会になり、とても良い一日になりました。

 

ご縁をいただくのが営業

セミナーの冒頭で 蜘手氏は「営業とはお客様からの信頼を勝ち取る事である」と「営業」と言う幅の広い言葉を定義されました。リフォーム業界での顧客属性や業界を取り巻く環境の整理をされた後、私が提唱している職人的マーケティング理論構築の根幹であるLTV(顧客生涯価値=顧客が生涯で持つ価値)を時系列に置き換えて、そのLTVを見据える事で未来の売り上げを作る事が出来ると、お客様との細やかなやり取りから信頼を得る実践的な手法を実例を挙げて方法論を述べられました。

今回のセミナーで聴かせて貰った建築業界、特にリフォームに特化した営業の考え方と実際の方法論についての話は大工でありながら声が掛かったお客様先にヒアリングや現場調査に行き、仕事を頂いてくるいわば営業をしている工務スタッフにとって非常に為になった様子で、姫井くんは早速実践するべく社内勉強会を開きますと意気込んでおりました。また、今日学んだ事は既にすみれの業務の一環としてこれまでも取り組みを進めて来た事であり、私に言われていた事と同じ事を外部のセミナーに参加して切り口を変えて聴いた事で改めて腹に落ちた様でした。

 

 

営工一体理論

営業セミナーというタイトルの今回の勉強会で私が驚いたのは、リフォームで最もニーズが大きい属性の顧客に対して有効なのは、実際に現場で作業を行う職人や現場管理をする者が直接営業をする、もしくは営業マンは簡単な作業くらいできるように施工力を身につけるべきだという蜘手氏が展開された新ネタ?の理論です。隣の席に座っていた姫井くんも自分たちが行っていることがこれからのロールモデルとしてセミナーの中で紹介されているのを聞いて目を丸くしておりましたが、大工が営業スキルを身につけるべきだとこれまで長年にわたって社内で言い続けてきた私の考え方を今更こんな場で聴くことになるとは想像だにしていなかったようでした。(笑)

蜘手理事長が運営されている株式会社Robin社は「建築に強みを持った営業会社」という事業ドメインでこれまで業績を伸ばされて来られており、私たちすみれのような施工会社とは真逆のスタイルかと思っておりましたが、マーケティングやマネジメント理論を突き詰めてみると、私たちが掲げる「建築工事、施工の実務者が行う営業に強みを持った施工会社」というドメインと最終的なスタイルは同じになるのだと感じました。建築業の本質を見据えると自ずとそのような流れに集約されてくるのかと思った次第です。

 

 

目指す先は同じ

営業マンに施工を身につけさせるのと、職人に営業を理解させ、実践させるのとどちらが効果性が高く、本質的な価値があるのかは分かりませんが、私としてはどちらでも同じだと思っており、まずは何のために事業を行うのか、自分たちの仕事にどのような価値があり、仕事を通して実現したいことは何なのかを自問自答して事業所が掲げる理念と自分が働く理由との整合性を見出すマインドセットから始まる原理原則に基づいたマーケティング理論の理解からスタートすべきだと思っています。リフォーム業界向けの営業セミナーでの蜘手理事長の話を聴いて我が意を得たり。と密かに喜んだ次第です。

営業と施工、切り口は様々でも同じ建築の世界でものづくりを生業とする以上、目指す先は、長年にわたる顧客満足と永続的な事業の発展になる訳で、結局行き着く先は同じという事だとを改めて感じました。そして、業界の流れが営工一体へと向かう中、営業マンのいない私たちすみれは大工である工務スタッフに施工のみではなく営業力という顧客から信頼を勝ち取る方法論についてもこれまで以上に磨きをかけなければならないと危機感を強く感じた次第です。スタッフには今日の学びを社内で共有して、更なる顧客との信頼構築に向けて邁進してもらいたいと思います。
非常にいい学び、ありがとうございました!

 

_______________________________________

一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイトリニューアルしました。

研修のお申し込み、問い合わせ、補助金の活用などの情報を集約しています。

一度のぞいてみてください!

HOME

https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

 

職人起業塾6ヶ月コース絶賛募集中

現在、来年開催の鹿児島、大阪の先行予約開催受講者を絶賛募集中です!

現場の改革から業界を変える取り組申し込みお待ちしております!

_______________________________________

「ハウジング・アクティブ・ソリューションズ(HAS)セミナー」に登壇します。

建築業界の最先端のソリューションを提供する企業に混じって職人起業塾の研修の総論を短くまとめてご紹介します。参加費は何と!無料です!

12/15 (金)TKPガーデンシティPREMIUM広島駅前【定員50名】(初開催)

お問い合わせはこちらまで→https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/お問い合わせ/

HASセミナー仙台

HASセミナー仙台

__________________________________

職人的マーケティング論、メールマガジン配信中

毎月の【元祖】職人起業塾での開催内容や最新のマーケティング関連の(個人的な)考察などを低頻度ながら配信しています。無料ですのでよかったら登録してみてください。^ ^

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGxqzg

 

自分の人生を上っ面で誤魔化すな!@職人起業塾 大阪

平成二十九年十月一九日 曇り雨

連日の検証研修

今日は大阪。第13講とそろそろ終盤を迎えた【第五期】職人起業塾@大阪にて昨日の東京に引き続き、検証研修の講師としてTOTO大阪ショールームの会場に一日詰めておりました。連日の一日中の講師ってコーチング形式を取っていることもあり、(見た目はともかく、笑)なかなか体力と神経を消耗するもので、研修を終えた後、塾生さんたちが段取りしてくれた懇親会で一気飲みをさせられたアルコールの勢いもあり元気一杯、熱く語った後は、我ながらエネルギーレベルがカクンと下がっているのがわかりました。本来は炭水化物でエネルギーチャージをがっつりとしなかればなりませんでしたが、補給したのはアルコールばかり、少し考える必要がありそうです。(苦笑)

 

つっこみに緊張しつつの発表

職人起業塾は職人はもとより、現場監督や営業職など建築現場に従事する実務者に向けての実践型マネジメントの研修となっており、マーケティング理論を切り口に、工事現場で絶対的な顧客からの信頼を得ることが未来の売上を作る自社独自のマーケットを作ることに繋がると言う理屈を9つのステップに分けて細やかに説明しています。その理論を自社の業務、塾生自身の役割に落とし込んでアクションプランを策定して実践、そして習慣化して定着させることを目的としており、今回は研修も後二回を残すのみ、終盤に差し掛かったということで塾生さんたちにこれまで学んだことを実践してみての報告をしてもらいその実効性を検証する会となっておりました。これまでのマーケティング理論の復習のあと、若干緊張した面持ちの塾生さんたちに一人ずつ前に立って発表を行ってもらいました。

 

強制的な習慣化

私の考える建築業界におけるマーケティング(=自社独自のマーケットを作り上げ、自然と売上が上がる仕組み)とは、最終的な評価を顧客から受ける現場が完璧に出来上がることが大前提にあり、それは現場マネジメントが出来てこそ。要はマーケティング理論を如何に現場での実践に落とし込むことができるかにかかっています。そして、学んだことを一時的に行動に移すだけでは残念ながらすぐに途切れてせっかく学んだことも忘れ去られて元の木阿弥に戻ってしまいます。今日の研修ではいかにして学びを習慣に、そして仕組みに落としこむかについて繰り返し考えてもらいました。

 

上っ面を滑る話はやめろ

塾生さん達の発表を一通り聞いて、総括として私が皆さんに話したのは、「上っ面を滑る話なんかいらんねん」と言うこと。ずっと以前から事業の一環として取り組んできたことを研修を受けて始めたかのように焼き直して見たり、そもそも自分の役割として業務の一環で行うべきことに、改めて取り組んで見ます!と言って見たり、それらももちろん大事な事ではありますが、研修を受けて、その理論を取り入れた新しいアクションを起こせと言う私の言葉を耳触りの良い上っ面を滑る逃げ口上で誤魔化すのをやめて欲しいと言うお願いです。

 

誤魔化しているのは自分の人生と心得よ。

正直に言ってしまうと塾生さん達が半年間もの研修を受けて何も変わらずこれまで通りだったとしても私は一向に構いません。彼らの人生は彼らのモノで私の人生では無いからです。キツイことを言って嫌な顔をされる必要などなく、上っ面を誤魔化す発表を聞いても笑って流しても構いません。しかし、せっかく頂いたご縁ですから、金も学もコネも無かった私がなんとか真っ当に生きていける様になった原理原則の力をなんとか伝えたいと思うのです。第五期生の皆さん、私を誤魔化す事は自分の人生を誤魔化す事と心得て、残りの1カ月の研修期間に向き合って下さい。陰ながら応援しています!(笑)

_______________________________________

一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイトリニューアルしました。

研修のお申し込み、問い合わせ、補助金の活用などの情報を集約しています。

一度のぞいてみてください!

HOME

https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

 

職人起業塾6ヶ月コース絶賛募集中

現在、来年開催の鹿児島、大阪の先行予約開催受講者を絶賛募集中です!

現場の改革から業界を変える取り組申し込みお待ちしております!

_______________________________________

「ハウジング・アクティブ・ソリューションズ(HAS)セミナー」に登壇します。

建築業界の最先端のソリューションを提供する企業に混じって職人起業塾の研修の総論を短くまとめてご紹介します。参加費は何と!無料です!

12/15 (金)TKPガーデンシティPREMIUM広島駅前【定員50名】(初開催)

お問い合わせはこちらまで→https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/お問い合わせ/

HASセミナー仙台

HASセミナー仙台

__________________________________

職人的マーケティング論、メールマガジン配信中

毎月の【元祖】職人起業塾での開催内容や最新のマーケティング関連の(個人的な)考察などを低頻度ながら配信しています。無料ですのでよかったら登録してみてください。^ ^

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGxqzg

 

職人育成の二本柱。

10月15日雨

 

雨のスタート

決して激しく降ったわけではありませんが、神戸では昨日からしとしととよく降った雨が今日も続きました。午前中は顧問の会計事務所さん、社労士さんとの月次の連絡会議。財務の報告とKPIを見ながら、進捗の確認をするとともに、緩やかに継続して続けている人事評価制度を中心にした社内整備についてのミーティングの時間を持ちました。月に1度の緊急性の低い重要なことに目を向ける大切な時間です。

昼からは遠く九州長崎から来訪を受けてこれから職人の内製化を目指そうとされている企業の経営者と幹部の方をお迎えして、私が考える職人育成モデルと地域工務店としての自立循環型のビジネスモデルについて熱く話をさせていただきました。来社頂いた社内での職人の内製化を取りまとめられる部長は大工上がりの私と同年代と言うことですっかり意気投合、これからの職人像、育成方法についてのイメージを共有することができたと思います。

 

 

2本の柱。

昼過ぎから夕方日が暮れるまで長時間にわたり意見交換の時間を持ちましたが、その中で私が1番熱く語ったのは、大工の育成には2本の柱が必要だということです。一本は技術、もう一本は意識で、これは珍しいことでもなんでもなく、技術者といえども技術一辺倒では今の世の中渡っていけないのは建築業界だけではなく全ての業種で当たり前のことで、どのような業種でも採用の面接の際に最も重きを置くのがコミニケーションスキルと言う最近のリクルート会社の調査結果にも顕著に現れていますが、人と人との関わり合いの中で仕事をするには社会人としての一般的な基礎力が必要だと思うのです。技術や知識以外の人間力とも言われる一般的なスキルと共にこれまでうまくいかなかった理由を明確にして叩き潰すことが必要だと思っています。

 

 

これまで通りのやり方ならこれまで通りの結果。

我々建築業は当たり前すぎることではありますが、家や建物を作って生業としています。工事をすることで売り上げを得るわけですから、工事ができないと話になりません。今活躍している団塊の世代の職人さん達があと数年で引退すれば一気に未曾有の職人不足になるのが確実視されている中、次世代を担う若者の職人の育成は業界全体にとって喫緊且つ非常に重要な課題です。そして、これまで30年間にわたり入職者が減り続けている建築業界の現状を見ると、これまで通りを踏襲するだけでは絶対にうまくいかない事は火を見るよりも明らかです。
建築業界の分業化が進み、大工が単なる木工職人と化して、大工が弟子を育てる徒弟制度が完全に崩壊した今、企業がその役割を担わなければならないのは明らかで、今まで慣れ親しんでいない職人の育成を手がけなければならなくなっています。職人である以上技術や専門知識の習得はもちろんですが、それだけでは職人が減り続けた現状をなんら変えることもなく、これまでの流れが止まるとは到底思えません。

 

 

やりがいと未来。

若者に建築業に定着してもらい生き生きとやりがいを持って働いてもらうには職人が未来に対する希望を抱けるような職業にならないと思いますし、半年先も見えない、社会保障もないまま下がるだけ下がった低賃金で働く今の職人の所得では若者はもし入職してもすぐに他の業種に変わってしまうと思うのです。要するに稼げる職人になってもらわなければならないと言うことで、仕事を通して儲かる仕組みをよく理解して技術以外のスキルの習得に励んでもらうべきだと思うのです。

私たちすみれでは、12年前に本格的に職人の内製化を始めてから技術や知識の習得と同じように理念の共有や儲かる仕組み=マーケティング理論の業務への落とし込みを長年取り組んできて大工職といえども現場管理の全体、(品質、工程、顧客満足を得られるようなコミニケーションスキル)の研鑽とコスト意識(原価計算、見積もり、実行予算組み)、そして現場で次の仕事に繋げることができるように営業的な研修と、これまで職人に対して行われなかった教育を積み重ねてきました。非常に面倒で取り組みがすぐには結果に繋がらない地味なことではありますが、この一見無駄に思えるような教育や研修を行ってきたからこそ、社員大工と女性の設計だけというシンプルな構造の会社にできたと思っています。技術と意識、二本の柱を立ててこそ、安定した職人の育成、現場を軸にしたマーケティングが組み立てることができると考えています。遥か遠くの九州から、そんな私の話をわざわざ聞きにきてくださったことに感謝しつつ、職人の内製化という業界の大きな流れを共に推し進めて参りましょう!と気勢をあげる良い1日になりました。Yさん、Mさん本日はありがとうございました。来年の鹿児島で再会できるのを楽しみにしております。(^ ^)

_______________________________________

一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイトリニューアルしました。

研修のお申し込み、問い合わせ、補助金の活用などの情報を集約しています。

一度のぞいてみてください!

HOME

https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

 

職人起業塾6ヶ月コース絶賛募集中

現在、来年開催の鹿児島、大阪の先行予約開催受講者を絶賛募集中です!

現場の改革から業界を変える取り組申し込みお待ちしております!

_______________________________________

「ハウジング・アクティブ・ソリューションズ(HAS)セミナー」に登壇します。

建築業界の最先端のソリューションを提供する企業に混じって職人起業塾の研修の総論を短くまとめてご紹介します。参加費は何と!無料です!

12/15 (金)TKPガーデンシティPREMIUM広島駅前【定員50名】(初開催)

お問い合わせはこちらまで→https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/お問い合わせ/

HASセミナー仙台

HASセミナー仙台

__________________________________

職人的マーケティング論、メールマガジン配信中

毎月の【元祖】職人起業塾での開催内容や最新のマーケティング関連の(個人的な)考察などを低頻度ながら配信しています。無料ですのでよかったら登録してみてください。^ ^

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGxqzg

img_0959.jpg

野に咲く黄色い花が教えてくれるセンスの磨き方。

10月14日曇り

 

カメレオン的一日。

今日も朝活、昨夜のひょうご木づかい王国学校オリジナル雑誌発刊に際しての決起大会&懇親会の余韻を若干引きずりつつ、朝の6時から工務部による月次現場精算と工程確認のミーティング。倫理法人会やBNIに参加しだしたことがきっかけで、朝の時間の活用が非常に良いと認識したこともあり、最近になって夜にやっていたミーティングを早朝に切り替えてます。朝6時に集合して皆が現場に向かう前にミーティングを終えるのはなかなか良いものです。(工務店経営者として)サクサクとミーティングを終えた後は、私も(統括現場管理者として)工場の改修工事の着工に立ち会い、相変わらず細かなことをチクチクと指摘してきました。午前中は(ひょうご木づかい王国学校代表として)篠山の地場産木材を活用する方法論を模索している方との情報交換、昼からは(職人起業塾 塾長として)加東市へ来年1月開講の職人起業塾@大阪に新たに参画される企業に訪問して研修講座の目的や意義などの内容と助成金活用の説明、夕方からは(店舗工事会社の担当者として)ご紹介いただいた姫路の焼肉店のオープン予定地の現場調査と今日もめまぐるしくいろんな役割をこなす慌ただしい1日を過ごしました。(笑)

 

セイタカアワダチソウ

セイタカアワダチソウ

野に咲く黄色い花

姫路への移動の途中、あまり通ることのない田舎道を延々と走りながら目に入ったのは、大量に群生しているセイタカアワダチソウです。いわゆる外来種の雑草の1種であり、誰も水をやったり肥料を与えたりしていないにもかかわらず、あちらこちらに一面に咲き誇る黄色い花を見て自然の力のたくましさを改めて感じました。そういえば、最近アレルゲンとしてよく耳にするようになったブタクサって同じようなイメージやけど、一緒の草の呼び名違いやったっけ?なんてことを考えながら走っていたら、そういえば!と以前このブログで同じようなことを書いたような記憶が蘇りました。2008年に書いていたその記事を読んでみると、なんとセイタカアワダチソウと麒麟草を間違えていた、という内容になっており、(同じアキノキリンソウ属ですがもちろん勘違い)しかもついでに調べてみたらブタクサとセイタカアワダチソウとは全く違う種(同じアキノキリンソウ属みたいですが)とのこと。自分ながら、あまりの記憶の曖昧さというか、適当さというか、9年前とはいえ、自分が以前に書いたことをこれだけよくも忘れていたな、と驚きました。(笑)
これ→単なる思い込みと勘違いで、絶滅に追い込んだりすることが、あると思います。

 

アキノキリンソウ

アキノキリンソウ

日本の素晴らしさに気づく

麒麟草とセイタカアワダチソウとブタクサを混同していたついては、どーでもいいことではありますが、昔のブログを振り返って読んで見て、「おー、なるほどー」と思ったことが幾つかあります。一つ目は私のような花に縁のないおっさんが、曲がりなりにも野に咲く花に興味を持ってしまったという事実です。これはどうゆうことかと申しますと、季節の移り変わりに敏感になったということで、日本というと世界でも珍しい四季の移ろいを美しい風景で楽しめる国ですが、長年そんな「美」に縁がなかった私のようなおっさんがその素晴らしさに気がつく感性を育てているということです。これは完全に10年以上にも渡って毎日このブログを書いているからこそで、(ネタ探しに)日々刻々と変化する事象に目を向け、書き留める習慣の賜物です。残念ながら以前に調べたことはすっかり忘れてましたが、それでも、黄色い花を見て、外来種の花だとか、花粉がアレルギーの原因になっているとか、同じ属にあたる違う種の花だとかわかるようになったこと自体、すごいことです。(笑)

 

ブタクサ

ブタクサ

体験を経験に転換

私のようなおっさんが野に咲く花のことに詳しくなったからって、どーってことない、と思ってしまいますが、実はこれって花のことに限ったことではなく、このブログに取り上げるあらゆることについて、単なる体験をしてきただけではなくログを書き残し、書く前に知らないことを調べて確認する習慣をもつことで経験として蓄積することができていると思うのです。セイタカアワダチソウ以前の記事についてはぼんやりとしか覚えておりませんでしたが、黄色い花について書いたことは覚えておりましたし、以前の(拙い)記事を読むことでその当時何を考えていたのかを振り返ることができます。見たこと、聞いたこと、知ったことを自分のものにするには、インプットした内容をアウトプットすることが最も効果があると言われており、セミナーで聞いたことは自分で同じセミナーを誰かに説明することで咀嚼され、理解が深まるのは自分自身の経験則でも間違い無いと思っています。その意味で、10年以上にも渡って毎日ブログを書き続けてきたことは今振り返ると非常に大きな財産になっているのかも知れません。

 

 

センスとは感性

「経営はセンス」という言葉をこのところやたらよく耳にしたり、目にしたりするようになりました。技術でも知識でも無いセンスとは、ウィキペディアによると、「英語で五感の意味。転じて、美的感覚や感性のこと。才能と似た意味である。」とのことで、ロジカルな論理の組み立てでは磨きようが無いぼんやりとした位置付けのセンスを磨くというのは額面通りに受け取ると感性を磨くしかないようです。私の場合、あまり意識して感性を磨いてきたことはありませんが、上述のようにブログを書き綴り続けることで(ネタを探す習慣が身につき)野の花に興味を持つことや繰り返しそれにまつわることを調べたり、情報発信したりするようになったこと自体が四季の移り変わりなど全く眼中に無く我武者羅に働いていた時から比べると、少なくとも感性は豊かになっており、センスも少しは身についているように思います。

 

 

感性は経験が磨く

全くの私見ですが、「センスがいい」とは感性が高いという他にも、垢抜けていたり、バランス感覚が優れていたり、才能があったりとスマートに成果を出すスキルのような意味合いもあると思います。それらを考えた時にまず初めの必要条件に、多くの知識があること、経験を積んでいるということがあると思うのです。建築の世界でセンスがいいデザイナーや建築士と話すと、圧倒的に持っている豊富な情報量に驚かされます。意匠の世界ではなく施工品質においてもセンスのいい計画をする人、センスのいい施工をする人も経験の豊富なこと、ありとあらゆる事例を知っていることが大前提にあるように感じます。なんでも知っている、選択肢を数多く持っている。その上で最高のチョイスが出来ることがセンスがいい仕事につながるのでは無いかと。その意味からすると、ブログを毎日書き続けて、体験を咀嚼して経験に変換して書き残すことはなかなか目に見えた成果には結びつきにくいかも知れませんが、センスを磨くのに大いに役立つのでは無いか、なんて思ったのです。ただ続けりゃ良いってものではありませんが、真面目に取り組みめば、思いも寄らない力が身についたりするのかな、なんて思うのです。あと、10年、このブログ、頑張って書き続けて見ようかと思います。(笑)


_______________________________________

一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイトリニューアルしました。

研修のお申し込み、問い合わせ、補助金の活用などの情報を集約しています。

一度のぞいてみてください!

HOME

https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

 

職人起業塾6ヶ月コース絶賛募集中

現在、来年開催の鹿児島、大阪の先行予約開催受講者を絶賛募集中です!

現場の改革から業界を変える取り組申し込みお待ちしております!

_______________________________________

「ハウジング・アクティブ・ソリューションズ(HAS)セミナー」に登壇します。

建築業界の最先端のソリューションを提供する企業に混じって職人起業塾の研修の総論を短くまとめてご紹介します。参加費は何と!無料です!

12/15 (金)TKPガーデンシティPREMIUM広島駅前【定員50名】(初開催)

お問い合わせはこちらまで→https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/お問い合わせ/

HASセミナー仙台

HASセミナー仙台

__________________________________

職人的マーケティング論、メールマガジン配信中

毎月の【元祖】職人起業塾での開催内容や最新のマーケティング関連の(個人的な)考察などを低頻度ながら配信しています。無料ですのでよかったら登録してみてください。^ ^

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGxqzg

現場マネジメント千本ノック。

10月13日 曇り時々雨

 

10年に一度のトラブル。

朝からドタバタとした1日になりました。つい先日、月末に予定している訪台の準備に航空便のチケットを購入しようと思ったら、あろうことかパスポートの期限が明後日で切れてしまうことに気がつきました。慌てて書類を揃えて、証明写真を撮りに行って、朝から三宮にある旅券事務所に飛び込むように駆け込んでなんとか申請を済ますことができました。後はパスポートが交付されるまで飛行機の空席がなくならないように祈るばかりです。(苦笑)
10年に一度のトラブルに見舞われたというか、もっと早くに気がついていれば三宮に出るついでに済むようなことが、うっかりしていると緊急性の高い最優先のタスクになってしまうことに反省することしきりです、、

 

 

もうすぐ発刊!

旅券事務所で申請を終えた後はすぐ近くにオフィスを構えるオフィス什器の商社さんに店舗工事の相談を受けての打ち合わせ。知り合いの女性コンサルタントからの紹介でしたが、行ってみると担当者さんは数ヶ月前にその会社の本社に企業訪問させていただいた折にご案内してくれていた方で、世間は狭いなー、と顔を見合わせました。思わぬ再会がいいご縁になれば幸いです。Kちゃん、ご紹介ありがとうございました。店舗の打ち合わせを終えた後はトンボ帰りで帰社して新築を検討中のお客様のヒアリングに同席して地場産木材の活用を強く勧めると共に、兵庫県産木材利用特別ローンと地域型グリーン化住宅の助成金の活用をご案内しました。住宅メーカーとは少し違うご提案ができたのでは無いかと思います。夕方からはリフォーム現場の完工引き渡しに同行後、神戸ハーバーランドに移動してひょうご木づかい王国学校のオリジナル雑誌の発刊を記念しての決起大会と付帯サービスの勉強会、そして懇親会と朝から晩まで内容の濃い1日となりました。

 

現場マネジメント改革100連発!

話は変わって、、昨日のブログでパターン化と概念化を行うことの重要性を延々と書きましたが、最近、私の中ではそれがちょっとしたブームになっておりまして、パターンの模索から実務の改善へのヒントを得るようにあれこれと試みております。そんな一つに、先日TOTO西神ショールームで開催したリモデル大学なる勉強会で講師を務めた際に建築現場の実務にその事例のパターンを見出して、概念化することによって落とし込む試みを行ってみました。題して、「現場マネジメント改革100連発!」この勉強会では、マーケティングを切り口に1時間半位の短い時間ではありますが、経営者や現場実務の方々と業務改善をするためのきっかけとなるワークショップやセミナーを継続的に行っています。今回のセミナーでは、兵庫県下の広い地域からも多くの参加者がこられており、白熱教室風の対話をしながら難しく考えがちなマーケティングやマネジメントについてわかりやすく紐解く時間を持ちました。

 

 

マーケティングはマネジメントが支える。

マーケティングの定義をピーター・F・ドラッカー博士が提言された「一切の売り込みをなくすること」と定義した時、行うべきは生涯顧客の創造であり建築業界においてそれを成すには現場で作り上げる建物、そしてそこに暮らす顧客の喜びがなければなりません。我々ものづくりに携わるものは、売って終わりではなく作りそして維持するところまでがセットのサービスだと考えるべきです。そして顧客満足とは初めの問い合わせから見積もり、プランニング、施工、アフターサービスと顧客との出会いから出来上がった建物に暮らし始めた後までの一環したマネジメントが必要です。結局マーケティングと言うのは、マネジメントが下支えしているということになります。

 

 

もし現場実務者がドラッカーを読んだら

セミナーではドラッカー博士の「マネジメント」とともにその有名な著書を誰にでも分かりやすくそして楽しく読めるようにした「もしドラ」でブレイクした」もしも女子高生マネージャーがドラッカーを読んだら」を紹介し、受講生のみなさんに「もし現場実務者がドラッカーを読んだら」を実践してもらえるようにと紹介しました。実際のワークショップでは、これまでうまくいったこと、うまくいかずににクレームになったり、お客様に叱られたりしたような経験を1人ずつ発表してもらいました。よかったことやよくなかった事を数多く事例を出してもらうことで、お客様によろこばれ、繰り返しの注文をもらったり、新たな顧客を紹介されたりした時はどんなパターンがあるのか、その逆にうまくいかずに顧客に満足してもらえなかったのはどのような時なのかを羅列してそのパターンを探ってもらいました。
 

千本ノックで見えてくるもの。

ワークを通して参加者全員に出してもらった成功事例も失敗事例も、上位下位関係分析法的に大きな概念にまとめていくと最終的には当たり前のことを当たり前にきちんとやり切ると言うことに行き渡るように感じました。100連発とまではいきませんでしたが、数多くの事例を知り、うまくいったパタンを踏襲し、失敗したことを教訓にすることができれば現場マネジメントは圧倒的に良くなるはずで、それが顧客満足に直結すると考えています。遠いところからの模倣はイノベーションを起こすのに必要だと先日このブログで紹介した「模倣の経営学」には書いてありましたが、千本ノックの練習をするように身近な等身大の事例を数多く知りそのパターンを読み取ることこそマネジメントの改善につながると思っています。そして、その入り口はやっぱり当たり前の事に尽きると思うのです。原理原則を守る意識、いかなる時も持ち続けたいと思います。

 

_______________________________________

一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイトリニューアルしました。

研修のお申し込み、問い合わせ、補助金の活用などの情報を集約しています。

一度のぞいてみてください!

HOME

https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

 

職人起業塾6ヶ月コース絶賛募集中

現在、来年開催の鹿児島、大阪の先行予約開催受講者を絶賛募集中です!

現場の改革から業界を変える取り組申し込みお待ちしております!

_______________________________________

「ハウジング・アクティブ・ソリューションズ(HAS)セミナー」に登壇します。

建築業界の最先端のソリューションを提供する企業に混じって職人起業塾の研修の総論を短くまとめてご紹介します。参加費は何と!無料です!

12/15 (金)TKPガーデンシティPREMIUM広島駅前【定員50名】(初開催)

お問い合わせはこちらまで→https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/お問い合わせ/

HASセミナー仙台

HASセミナー仙台

__________________________________

職人的マーケティング論、メールマガジン配信中

毎月の【元祖】職人起業塾での開催内容や最新のマーケティング関連の(個人的な)考察などを低頻度ながら配信しています。無料ですのでよかったら登録してみてください。^ ^

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGxqzg

パターン認識が未来を作る。

10月12日 曇りのち一時雨

 

博多へ。

今日は朝活ではありませんでしたが、やっぱり夜明け前に起きだしての九州弾丸日帰り出張、【第七期】職人起業塾@福岡の講師役として博多バスターミナルの会場へと朝一番の電車に飛び乗って向かいました。昨夜も結局、(ゴルフコンペと書道のお稽古の後、)日が変わるくらいまで仕事をしていて、その後遅い夕食と長い風呂での読書と、結局、所定睡眠時間の4時間を確保できませんでしたが、このところ夜朝ハイブリッド型がすっかり板に付いてきて、目覚ましと同時、もしくはアラームが鳴り出す前に目がさめるくらいの勢いで飛び起きて駅へと向かいました。ショートスリーパーとしての実力、絶賛、磨いてます。(笑)

 

 

実践報告。

今日の博多での講座は我ながらとても手応えを感じられる研修でした。講座の冒頭は前回の復習と共に「行動なくして学びに意味なし」と繰り返し言い続けている原則に沿って、前回の研修を受けてから今日までの一月の間に「何を行って、どんな結果を生み出したか?」を一人ずつ質問し、前に立って発表を行ってもらいました。聞いて見ると塾生さんそれぞれが早速新たな取り組みに挑戦されており、素晴らしい発表が立て続けにありました。つい「君ら凄いな」と口にしてしまった程です。あまりの立派さに、「ほんまかいな、」と疑念とまで言いませんが、若干訝しがったところ、オブザベーションで参加いただいていた経営者の方々が「すごく変わった、助かっている」「言った通りやってますよ」と手放しの大絶賛をされているのを聞いて、得心した次第です。(笑)

 

 

建設現場の5つの管理

塾生の皆さんに今日も繰り返し言いましたが、職人起業塾は実践型現場マネジメント研修であり、現場を変える為のカリキュラムを組んでいます。マーケティングを切り口に説明はしておりますが、座学で学んだ全ての理論や概念を現場に落とし込んで実践に結びつけるようにお伝えしております。それは、建設業の最も基本となる管理業務である、施工管理(施工管理サイクル) ・工程管理(進度管理と問題対応) ・安全管理(緊急時処置と対策) ・品質管理(QCサークル) ・原価管理(原因追及と対応)を自社の企業理念・社訓等の概念の理解を元にブラッシュアップ、改善を行ってもらうことが根底にあり、その先に、現場営業活動支援に必要なマーケティング知識の理解 ・プレゼンテーション ・クレーム・トラブル対応 ・アフターサービスなどの理論構築と具体的な事例を学んで現場実務に落とし込んでもらっています。

  


 スモールビジネスの鉄則

今日の講義のテーマは「スモールビジネスの鉄則」と題して、大資本、グローバル、ポータルを持つ世界企業と逆張りの、費用をかけずに、地域密着で、人と人との繋がりでビジネスを繋げ未来を作っていくための鉄則について話をして、またそれぞれにもその鉄則を如何に社内に落とし込むかを考えてもらいました。まずはどかーんと大きなことをするのではなく、小さなことを積み重ねる時間の使い方、第2領域と言われる「緊急性は低いが重要なこと」をいかに意識し、習慣に結びつけることができるかについて。次はUSPやコアコンピタンスと言われる強みの見出し方、後半は「江戸商人は大福帳を何よりも大事にしていた」例をとってご縁を紡ぐ重要さ、それを繋げていく仕組みを整えることの重要さを具体的な事例を交えて紹介、それぞれの役割でそれをどのように実践に結びつけることができるかについて考えてもらいました。

 

  

パターン化と模倣

そんなレクチャーを通して、グループに分かれてディスカッションを行ってもらったのですが、全体を通して本日最も重要なテーマは「パターン化」という考え方です。私が長年建築業界に身を置いて来た中で、この業界に最も欠けてきたのはパターン化とそれを実務に取り入れる模倣だと思っていて、TTPと言われる成功事例に学び、徹底的にパクるという概念は一般的に浸透しておりますが、そのパクリといいういわば模倣を自社に合うものにチューニングして、定着、効果性を持つものに変換させることについての認識が無いと感じてきました。そもそも、現在危機的な職人不足問題を業界全体を通して抱えているのは、未来に対する展望の薄さであり、少子高齢化、世帯数減という構造的な理由から衰退産業である産業の影に怯え、今はいい、けど先行きはわからないと考えて最も未来への投資となる若者を引き込む環境整備から目を逸らしてきた理由もそこにあると思っています。
 

 

 自社の成功事例と概念化

そもそも、成功事例を見に行き、学ぶ前に今現在、自社で受注を取れていること、紹介で信頼関係の構築できやすい顧客と巡り会えたこと、繰り返しの注文をくださる顧客が存在することを鑑みて、その理由を掘り下げ、パターン化することが出来れば、自社に最も適したうまくいく方法論を見出せるはずで、偶然、たまたまの連続に見える現在の業績も原因と結果の法則が働いているのだと認識すべきだと思うのです。そのパターンを概念化し、汎用性のある仕組みに落とし込み、実践すれば再現できるはずで、全ての事業者やそこに働く人には必ず他社に勝った理由となる強みがあるはずだと思うのです。グループワークを通して全員でそれぞれの成功事例の共通点、パターンの共有を行うことで自社で実践できる方法を模索してもらい、実践に結びつけるべくコミットをしてもらいました。次回の私の講座までにきっと、何かしらの行動とそれに伴う結果を出してくれると思います。福岡講座の皆さん、いっちょ気張ってみてください。(笑)
 

_______________________________________

一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイトリニューアルしました。

研修のお申し込み、問い合わせ、補助金の活用などの情報を集約しています。

一度のぞいてみてください!

HOME

https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

 

職人起業塾6ヶ月コース絶賛募集中

現在、来年開催の鹿児島、大阪の先行予約開催受講者を絶賛募集中です!

現場の改革から業界を変える取り組申し込みお待ちしております!

_______________________________________

「ハウジング・アクティブ・ソリューションズ(HAS)セミナー」に登壇します。

建築業界の最先端のソリューションを提供する企業に混じって職人起業塾の研修の総論を短くまとめてご紹介します。参加費は何と!無料です!

12/15 (金)TKPガーデンシティPREMIUM広島駅前【定員50名】(初開催)

お問い合わせはこちらまで→https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/お問い合わせ/

HASセミナー仙台

HASセミナー仙台

__________________________________

職人的マーケティング論、メールマガジン配信中

毎月の【元祖】職人起業塾での開催内容や最新のマーケティング関連の(個人的な)考察などを低頻度ながら配信しています。無料ですのでよかったら登録してみてください。^ ^

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGxqzg