崩壊の手順

 今日も巡回してます。
     
出来るだけ多くのお客様の笑顔を求めて。
              

どうぞ何なりとご相談、ご依頼、ご遠慮なくお気軽におっしゃって下さい。
     んばんは。
      先日、お邪魔したお宅で、
      何か問題は?と、いつものようにお聞きしたところ、
      「待ってました」のいきおいでのコメントを頂いた、
      「案件」です、
      肘掛け椅子の脚に付いたキャスター、
      あらたな製品に交換後、
      おもわず、廃棄する前にシャッターを押してしまいました、
       
         
       破損の第一段階か、、あるいは第二段階、、、
       クラック(罅)が入って、
       どれくらいの時間をおいた状態なのでしょう?
       詳しくはお聞きしませんでしたが、、、
     
         感慨に耽ってしまう、
         目に焼き付いてしまった、
         画像でした、、
                 ‥‥‥‥
         人も死後、放っておくと
         まず最初に、皮膚が崩れていって???
                 ????
       
         さてさて、いけません、いけません、
         「おかしな」ことは考えずに、、、
         今日はこのへんで
        
            

鍵について、

  今日も巡回してます。
     
出来るだけ多くのお客様の笑顔を求めて。
              

どうぞ何なりとご相談、ご依頼、ご遠慮なくお気軽におっしゃって下さい。
     んばんは。
           今回はある店舗のお客様から、
       
      お店の鍵を紛失、
      その紛失場所に問題があるため??、
      いっそのこと、鍵自体を交換されたいとのこと、、
   
      引戸の、かま錠と呼ばれるタイプの鍵
   
      またしてもお世話になっている建具屋さんに鍵の在庫確認、
      いつも使っているものなので、
      常備されているとのこと、
      幸いうまく便が見つけられて(渡りに船)
      ご依頼から1時間もせずに新しい鍵が手元に、、
      ラッキー、ラッキー、ということで、
      早速、いそいそと交換にお伺い、、、
          ‥‥すると
      同じと思っていたら、なんと全体の大きさも違い、
      ‥‥困った、合わない‥‥
      メーカーは同じでも、少し異なったタイプ、
            ‥‥‥‥
        
      あわてて、今度は鍵屋さんに、泣きの電話、
      「持っていらっしゃいませんか?」
          ‥‥すると、、
      
      「同じメーカーなので、内部の一部の部品を交換すると、
      大丈夫、、出来ますよ、、
      やってみて下さい‥‥」
         と、神のような電話口の声
       
      「しゃもじ」のような形の部品を取り外して交換するんです、、
             とのお言葉、、
      ただ、ひとこと、するどく、付けたしコメント、、
      「ネジ山をつぶしたら、おしまいですから、
      そこは、くれぐれも注意を、、」
      
      心、ときめかしながら、
      おそるおそるビスを回して‥‥
      なんとか外して部品交換、
      「しゃもじ」を右下のふたつの金具と、
      幸い、ねじ山をつぶすこともなく‥‥
      無事?終了、、、
         さても、さても、
         みなさん、ありがとうございました、
         いつも、お世話になりっぱなし‥‥
         ということで、
         今日はこのへんで、