床下の楽しみ?

 今日も巡回してます。
     
出来るだけ多くのお客様の笑顔を求めて。
              
どうぞ何なりとご相談、ご依頼、ご遠慮なくお気軽におっしゃって下さい。
           こんばんは。
           とある現場のことですが、
           お客様にとって不幸なことには、
           洗濯機を新たに某家電量販店にて、ご購入されて、
           配達設置して業者は帰ったわけですが、
           排水接続をうまくしていないままで、
           床下に水があふれ‥‥
           ご依頼を受けて、床下のチェックを‥‥
         
         
           予想通り、カビが発生‥‥
           ただし、この床下、ご覧になって分かって頂けるでしょうか?
           非常に低く、狭い、
           腹ばいになって、匍匐前進あるのみ、
           方向転換なんて出来ません、
           帰りは、そのままの態勢で後ずさりしてゆかなければ‥‥
                     その上、一枚目の写真、奥に見えます、
           通風穴、ここを通過するのが至難のわざ。
           万歳をして、両手を延ばして、その両手から入らないと
           体が動いて行きません。
           狭いところが、大好き!
           子宮内願望のおあり方には、
           この上もない、至福の場所ということに
           なるのでしょうが‥‥
           如何せん、私、閉所恐怖症の傾向がありまして、
           「床下の楽しみ」を満喫するわけには、
           残念ながら、ゆきませんでした。
           
          後日、交換させて頂きました。
          めったにないことで、
          このつぎ、「床下の楽しみ」は何時やってくるのやら‥‥
          と、その時は、思っていたのですが、
          どうやら、明後日、その幸運が訪れそうで‥‥
          
               今日はこのへんで。         
          
           

パトカー2台に囲まれて‥‥

 今日も巡回してます。
     
出来るだけ多くのお客様の笑顔を求めて。
              
どうぞ何なりとご相談、ご依頼、ご遠慮なくお気軽におっしゃって下さい。
           こんばんは。
           先日、少し失態を演じてしまいました。
           パトカー2台にお世話になって‥‥
          
           ことの起こりは、
           いつもお世話になっている、あるお店の改修工事、
           「セキュリティーに入っているのですが、
            工事当日は面倒なので、解除しておきます。」
           と、お店の方のお言葉。
           その日はお店はお休み、
           お店の方は出ていらしゃらないとのこと。
           で、鍵をお借りすることに。
           
           工事当日、作業は順調に進み、
           夕方も早い時間に終了、
           それを受けて、1・2時間おいて、この私が、
           完工を見にお伺いしたのが、間違いの始まり。
           お借りしていた鍵で、お店に入ったとたん、
           ピッ、ピッ、ピッ、ピッ‥‥
   
           「セキュリティーを解除してください。」と、乾いた女性の声、
           そんなはずでは?
           わが耳を疑うも、音のした方に近づくと
           ランプが点滅状態、
           ‥‥‥‥、
           あわてて、その機器に表示されている警備会社の
           電話番号を104で問い合わせ、
           その番号にかけると‥‥
           「本日の営業は終了いたしました」
           再び、乾いた女性の声、
           ただ、その後に、
           「お急ぎのかたは、ガード・センターまで」
           と、番号を知らせてもらい、
           
           そのダイヤルで電話を入れ、説明をすると、
           「ああ、そのお店、鳴っていますね‥‥
           既に警察にも通報していますから、
           やがてパトカーが行きますよ、
           と、その言葉を聞いたかと思うと、
           音も無く、すべるように一台が、
          
           警察官が二人降りてきて‥‥
           しかしこちらはまだ警備会社と電話中‥‥
           「今、既に私の目に前にいらっしゃっています、
           替わりましょうか?
           といきなり、警察官に携帯を手渡し‥‥
           しかし、もう一人の方から色々質問が、
           と、そこへまたもう一台のパトカーが‥‥
           
           実は、仕込みのために、、
           従業員の方がいらっしゃって、警報機を作動させて帰られた後
           私がお伺いしたようで。
           
           皆様に大変ご迷惑をお掛けしてしまいました。
           
           「セキュリティ」、身をもって経験させて頂きました。
             書かなくて良いことを、また書いてしまいましたか。
             今日はこのへんで。
           

再びポップアップ

 今日も巡回してます。
     
出来るだけ多くのお客様の笑顔を求めて。
              
どうぞ何なりとご相談、ご依頼、ご遠慮なくお気軽におっしゃって下さい。
           こんばんは。
 
           再び水栓のお話。
           再びのポップアップ水栓
           先日とあるお客様のお宅で、
           少し動きがおかしくなってきたとのことで、
           覗いてみると、
           既にお宅の御主人が応急で処置されたようで‥‥
         
          輪ゴムをしっかりと巻き付けていらっしゃいました。
          合うタイプのリングを取り付けさせて頂きましたが、
                  この輪ゴム結構効力を発揮していました。
          
          さて、ここで疑問、
          ポップアップという名称、
          「popup」  飛び出すとか飛び上がるとかいう意味らしく、
          トースター・絵本・カメラフラッシュなどにも使用され、
          スポーツカーのライトにも使われます。
          「pop」 となると、
          1.動詞としては、ポンと音をたてる、とか、はじける。
          2.形容詞では、通俗的な、大衆向きの。
          3.これが面白く、
            名詞で米語略式で「おやじ」と言う意味
            「poppa」の略らしく
            この poppa 本来の意味が、
           1.父ちゃん、おじさん、
           2.これがまた傑作で、(米話)と略語つきで、
             若い愛人を囲っているパパ、sugar daddy とあります。
          ‥‥「pop」 まで行くべきでなかった?
               反省しております。
            
          どなたが名付けられたのか?
          今日はこのへんで。

排水の陣ではなく‥‥

 今日も巡回してます。
     
出来るだけ多くのお客様の笑顔を求めて。
              
どうぞ何なりとご相談、ご依頼、ご遠慮なくお気軽におっしゃって下さい。
                 こんばんは。
         
         先日、とある小工事をさせて頂くことになったお宅で
         「ここのところ洗面台の排水が遅くて‥‥
          工事の時に、一緒に診てもらえる?
         とのご依頼。
       
         工事時、一段落したところで、
         「そしたら、少し拝見させて頂きます。」
         洗面台下部のトラップを外してみるも、
         それほどのゴミは確認できず、
         それでも、いくらか付着しているものを洗って‥‥
  
                「そんなに思うほど、たまっていませんね。」
         とは、言いながら、
         もしやと思って、細長い棒を、洗面器方向、
         上に向けて、配管から突っ込んでみると、
         フワッとした、鈍い触感が手に伝わってきて‥‥
         ただ、この洗面器、ポップアップ部排水蓋を上から取り外せないタイプ、
         ひたすら、下から異物を押し上げていると‥‥
         
         
              出てきました、次から次へと、
          おもわず、口をついて出た言葉が、
          「‥‥写真を撮らさていただいても良いですか?」
          
          奥さん、ご自身も、これだけ出て来ることに、
          大いに感動されている風で、
          快く了解のご返事。
          よくご覧になってください。
          写っている手は、私のものではありません。
          もちろんこの異物、全体量の一部でしかありません。
      
          結果、
          排水の流れも速くなって、
          ほっと一息‥‥
          地中部分の詰まりも想定していただけに、
          良かった、良かった、で終了しました。
                  お口直しに、久方ぶりに花の写真を‥‥
        
           車のフロントガラス越しなので、少しぼやけていますが。
           では、
           今日はこのへんで。