住宅履歴情報

 こんばんは。
今日は本来のメンテナンスに関することを書きます。
タイトルに掲げました”住宅履歴情報”とは、
国が定め、6月に施工されました、長期優良住宅の認定要件として、
個々の住宅の維持保全の内容を記録・保管すること、と取り決められています。
いわゆる”住宅版カルテ”的なものです。
すみれ建築では、いちはやくこの”カルテ”の
基本骨子を独自に作成し、
お客様へすみやかに情報提供させて頂けるよう、
2010年より本格的に取り組んで行きます。
将来という、先を見越したメンテナンスです。
どうぞ、ご期待ください。
それでは、
今日はこのへんで。

コントラスト

こんばんは。
少し雨が降ってきました。
先日長田区の北の方を走ったときの写真です。
  
あたりは、静寂のなかで、
動いている雲の音がしそうなほどの雰囲気でした。
葉の落ちた木々と雲のコントラストがおもしろくて、
つい撮ってしまいました。
自然は数え切れない表情を持っています。
まあ
今日はこのへんで。

山々

こんばんは。
先日、北区から長田区へぬける途中、
ひよどり越えをした後の写真です。
  
結構な山々の斜面が折り重なっています。
今、歴史ブログで少しでている”平家物語”
義経はどのあたりを駆け抜けていったのでしょうか。
すみません、調べようも無いので、
といいますか、諸説入り乱れているようです。
今日はこのへんで。

対岸は晴れ

 こんばんは。
今日は、東灘の方を廻らせて頂きましたが、
予想外の雨、
斜面を登ったところにあるお宅の近くで、
ふと前を見ると、
どうやら対岸は晴れているような、
   
   
結構大粒の雨で、髪の毛の少ない頭には、
傘がないとこたえましたが、
対岸とのコントラストに、雨の中シャッターを押してしまいました。
こうして、写真を並べると
雨粒が頭をたたく感覚が、まざまざとよみがえって来ます。
ということで、
今日はこのへんで。

真下の地面

 こんばんは。
それでも少し寒くなってきました。
先回の”真上の空”と対比するわけではないのですが、
先日、風が少し強く吹いた日、
須磨区を廻っていたのですが、
銀杏並木の葉が、一度に散ったような感じで、
  
          日があたった時と、
  
          日陰になった時、(風で雲の動きが早いんです)
吹き溜まりは、ご覧のとおりでした。
まさに”黄葉”の真下の地面でした。
 
今日はこのへんで。

真上の空

 こんばんは。
今日は降りました。
なかなか止みそうで止まない雨でした。
うっとうしいので、先日とある場所で撮った写真を載せます。
あるお宅の玄関を出たとき、ふと上を見てしまった時のものです。
  
  
同じであって、少しの時間差で変わっています。
地面に対して、直角に、つまり真上を向いて写しました。
少し首に負担が掛かりました。
今日はこのへんで。

再び大群

 こんばんは。
とある路地に車を止め、
お客様をお尋ねした後、車の方向転換をするため、
その路地のどん詰まりまで、動かし丁度L型になったところへ、
入り込んだ瞬間、
目の前に竹薮と、またしてもすずめの大群、
飛んでいる状態ですから、
なかなかうまく画面におさまってくれません。
そばが空地になっていて、子供たちが5・6人遊んでいたんですが、
彼らの不思議そうな顔も気にせず、
ひたすら、鳥たちをカメラで追いかけながら、
なんとか撮れた写真です。
   
今日はこのへんで。