WEB内覧会~壁の断熱・気密~

箕面和風の家 WEB内覧会

本日は壁の断熱・気密の仕様をご紹介したいと思います。

 

壁の断熱材は

高性能グラスウール16K 120mm

柱の大きさが120mmなので

柱と柱の間すべて断熱材で埋まるように施工していきます。

壁グラスウール

 

そして屋根と同じように気密シートを貼って

室内の湿気が壁に侵入するのを防ぎます

気密シート施工中

 

窓の廻り、シートの継ぎ目、換気扇の開口部廻り

すべてテープを貼って空気が漏れる隙間ができないようにします。

屋根に貼ったシートとも連続させて

家全体を断熱層、気密層で覆います。

気密シート施工中

 

壁内には電気配線が通り、コンセント・スイッチが取り付けられますが、

折角隙間なく施工したシートに穴を空けないようするため

シートの上から配線胴縁を施工してシートと石膏ボードの間に隙間をつくります。

配線胴縁

 

その隙間を利用して、スイッチ・コンセントの設置をします

電気配線

 

次回は気密測定についてです。

 

WEB内覧会~屋根の断熱・通気・気密~

箕面和風の家 WEB内覧会

前回は基礎部分の断熱を見て頂いたので

本日は屋根の断熱・通気・気密の仕様をご紹介したいと思います。

 

屋根の断熱材は

高性能グラスウール16K 210mmを採用しました。

垂木はグラスウールが納まるように高さが235mmのSPF材

通気スペーサー

断熱材を施工する前に

垂木の上部(断熱材の上部)に通気層をつくるのですが

空気の通り道が断熱材で塞がれてしまわないように

白い通気スペーサーを取り付けています。

 

垂木と垂木の間のこの通気スペーサーの上部を

軒から棟に取り付けた換気棟に向かって空気が流れます。

換気棟

通気層は、

屋根の熱気を逃がすため、躯体内の水蒸気を逃がすためという

役割があります。

 

そして室内側からは

通気スペーサーを取り付けた下に断熱材を隙間なく充填します。

断熱材

 

そして最後に気密シートを施工

気密シート

断熱材や躯体の隙間から空気が行き来しては

断熱効果が十分に発揮されないので、気密シートを貼って漏気を防ぎます。

気密シートが隙間なく施工できているかは、建物の断熱性能を左右するので

施工後に気密測定を行い、確実に施工できているか確認をしています。

気密測定については次回ご紹介します。

 

そしてこのシートは冬は防湿、夏は透湿する機能があります。

冬、室内の湿気がこのシートを超えて断熱材、通気層側へ行ってしまうと

躯体の中で結露をしてしまうのでしっかり防湿をして、

夏は、高温多湿条件では透湿抵抗が低下して

冬とは逆に躯体内から室内側に湿気が流れます。

 

次回は壁の断熱・気密についてご紹介します。

WEB内覧会~断熱性能について~

お引渡しよりかなり時間が経ってしまいましたが

本日より 箕面和風の家 WEB内覧会を開催させて頂きます。

 

まず、建物の断熱性能からご紹介いたします。

 

すみれで建てる新築住宅はすべて設計時に外皮性能計算を行います。

箕面和風の家の

UA値(外皮平均熱貫流率)は0.46W/㎡K です。

このあたりの地域にて長期優良住宅認定に必要な性能0.87W/㎡K より

断熱性能がかなり高い仕様となっております。

 

主な外皮の仕様は

屋根断熱・・・高性能グラスウール16K 210mm

壁断熱・・・高性能グラスウール16K 120mm

基礎断熱・・・押出法ポリスチレンフォーム3種 50mm

玄関ドア性能・・・金属製高断熱構造D2仕様

窓性能・・・アルミ樹脂複合サッシ (南面:ペア、東面:遮熱LowEペア、

西面:遮熱ArLowEペア、北面:断熱LowEペア)

換気性能・・・第一種熱交換換気

 

本日は基礎の部分の断熱についてご紹介します。

基礎断熱

基礎断熱か、床断熱か、

それぞれメリットデメリットがありますが

今回は基礎断熱を採用しました。

床下も室内側(断熱材の内側)になりますので

冬に床下にある配管が凍らないというメリットは

寒い箕面には向いていると思います。

基礎断熱

外周基礎の立ち上がり部分と

外周基礎より内側へ900mmの範囲の土間に

押出法ポリスチレンフォーム3種 50mmを施工しました。

 

次回は屋根と壁の断熱材についてご紹介させて頂きます。

WEB内覧会~エネルギーを生み出す家~

自然と暮らすsumika WEB内覧会

本日最終回にご紹介するのは太陽光発電です。

太陽光発電

南向きの屋根に

1枚あたり280wのパネルを10枚で2.8kWです。

コンパクトな「自然と暮らすsumika」では

2.8kW搭載でゼロエネ住宅になります。

 

太陽光発電

自分の家で使うエネルギーは自分の家でつくる、

そんなランニングコストにやさしい自然と暮らすsumikaになりました。

 

農業も始められたばかりで大変だとは思いますが

これまで遠方から通われていたことを思えば

これからは新しい家とともにじっくりとお仕事に取り組んで頂けると思います。

 

今後も引き続き、冬の体感・住み心地や、エネルギー収支などをお伺いし

機会があればご報告させて頂こうと思います。

 

ここまでご覧頂きありがとうございました。

 

 

 

WEB内覧会~両面使いの収納~

自然と暮らすsumika WEB内覧会

本日は収納のご紹介をさせて頂きます

自然と暮らすsumika 収納

こちらは寝室に設けた間口1間のクローゼットです

限られた床面積のためクローゼットはここ1箇所しかありません

とはいえ1箇所だけでは収納量が限られてしまう

ということで

自然と暮らすsumika 収納

少し奥行を深くして両面から使えるようにしました

ハンガーパイプも2列分確保

お手持ちのさまざまなサイズのカラーボックスがすべて納まり

上部のスペースに余裕ができるくらいの収納量が確保できました

自然と暮らすsumika 収納

反対側はリビングに面しているので

リビングで使うようなものや

脱衣室への通り道なのでタオルの収納など

場所に合わせた収納ができるようになっております

 

WEB内覧会~農家住宅の裏動線~

自然と暮らすsumika WEB内覧会

本日は農家住宅の裏動線をご紹介させて頂きます。

自然と暮らすsumikaダイニングより

前回は主に南側の窓をご紹介させて頂きましたが

北側には個室や水廻り、勝手口が配置されています。

窓を開け、部屋を間仕切っている引き戸を開けると

南北に気持ち良い風が流れるようになっています。

 

限られた床面積でしたが利便性を考え北側に1坪の裏玄関を設けました。

自然と暮らすsumika 裏玄関

農作業から帰ってくる時はこちらの勝手口から。

お湯の出るシンクと洗濯機置き場を設けています。

 

そして脱衣室を介して浴室まで直行できます。

自然と暮らすsumika 浴室

これから寒くなる季節も

汚れを落としてすぐに体を温めることができそうです。

 

詳しくはこちらの360度カメラの写真でもご確認頂けます。

WEB内覧会~自然と暮らすsumikaから見える景色~

自然と暮らすsumika WEB内覧会

本日は部屋からみえる景色をご紹介します

自然と暮らすsumika外観

南面には掃き出し窓を2台配しています

軒を深くしているので

夏は日差しを遮り、冬は部屋の中まで日差しが差し込みます

そして家の南にあるシンボルツリーの梅の木

部屋の中からも望めるように窓を配置しました

自然と暮らすsumika リビング

こちらはリビングからの眺め

遠くの山まで見えます

 

自然と暮らすsumika キッチン

キッチンでも緑を感じながらお料理がつくれます

 

自然と暮らすsumika 窓からの景色

そして私が一番好きなのがこの窓からの景色

西面なのできれいな夕日を見ることもできます

 

住宅地ではなかなか実現しない

緑たっぷりな空間になっています

 

WEB内覧会~自然と暮らすsumikaの仕様~

自然と暮らすsumika WEB内覧会

本日は住宅の仕様をご紹介させて頂きます

自然と暮らすsumika

自然と暮らすsumikaは

市街化調整区域に建つ農家住宅です

新たに就農された方でしたので

農家台帳に載るまで時間がかかったり

そこからもいろいろな部署に協議に行ったり

4月にやっとのことで着工にこぎつけた時には

協議に同行頂いていたオーナーさまもかなりお疲れでした・・・

 

また、合わせて地域型住宅グリーン化事業の

ゼロ・エネルギー住宅の補助金を使うにあたっての申請も

年度末ギリギリになっていましたので

かなりバタバタとしてなんとか締め切りに間に合わせることができました

 

ゼロ・エネルギー住宅の補助金申請に必要なBELSも取得しました

BELS

住宅の外皮性能と、一次エネルギー消費量に基づき審査してもらい

ゼロエネ相当の証明をしてもらっています

 

外皮の仕様は

天井・・・高性能グラスウール16K 210mm

壁・・・高性能グラスウール16K 105mm

床・・・押出法ポリスチレンフォーム3種 75mm

玄関ドア・・・金属製高断熱構造 D2仕様

窓・・・アルミ樹脂複合サッシ (南面:ペア 南以外:遮熱Low-Eペア)

です。

 

限られたご予算を外皮性能の部分に重きをおいて

燃費が良く今後かかり続けるランニングコストをできるだけ抑えようという

考え方をオーナー様にご理解頂き

補助金でまかなえる分の太陽光発電も搭載しました

エコキュートや節湯水栓、LED照明等の設備を採用し

一次エネルギー消費量換算でこのsumikaで使用するエネルギーは

太陽光発電でまかなえる計算になっています

 

 

 

自然と暮らすsumika WEB内覧会

お引渡し後しばらく経ってしまいましたが

自然と暮らすsumika

WEB内覧会を開催させて頂きます。

少しづつではありますが

施工中の写真、360度カメラ、カメラマンの方に撮って頂いた写真などで

ご紹介させて頂きたいと思います。

 

本日は360度カメラにてリビング入口からの目線です。

限られた床面積の中で少しでも広がりを感じられるよう窓を配しました。